心理学を使って異性の心をがっちり掴みたいみなさんこんにちは!

今回は「親近効果」という心理効果をご紹介します。

超簡単に説明すると「最後に見たものを一番覚えている」という心理効果です。

詳しく見ていきましょう!

親近効果ってどんなもの?

親近効果とは、最後に見たものが最も印象に残る心理効果のことです。終末効果とも呼ばれます。

去り際の印象が強く残るということから、「終わりよければすべてよし」の心理効果とも考えられます。

真逆の性質をもつものに「初頭効果」があります。これは最初に見たものが最も印象に残るという心理効果です。

初頭効果と親近効果はどちらも実験で立証されているため「どちらがより正しい」ということはありません。

相手に印象付けたいものは最初か最後に配置する(真ん中に置かない)ように意識すると良いでしょう。

双方の心理効果をより有効に使いたい場合には、「関心の低い相手には初頭効果を」「関心の高い相手には親近効果を」のように使い分けると効果的と言われています。

親近効果に関する実験

模擬裁判の実験

アメリカの心理学者「N・H・アンダーソン氏(Norman H. Anderson)」は、1976年に模擬裁判の実験を行いました。親近効果はこの実験結果から提唱されました。

実験の内容は以下の通りです。

被験者は陪審員で、実際に起こった事件を基に模擬裁判を行い、証言の出し方でどのように結論が変化するかを観察します。

証言は弁護側、検察側ともに6つ用意します。

片方がまず証言を2つ提示し、その次にもう片方が証言を2つ提示するという流れで裁判を進めたところ、陪審員は最後に証言した側に有利な結論を出しました。

これを受け、片方がまず証言を6つ提示し、その次にもう片方が証言を6つ提示する、という流れに変えてみたところ、こちらの場合も陪審員は最後に証言した側に有利な結論を出しました。

この実験により、人は多くの情報を与えられたとき、最後に得た情報に影響されやすいということがわかりました。

ストッキングを使った実験

心理学者のニスベットとウィルソンが、ストッキングを使った実験を行いました。
机の上に全く同じストッキングを4つ並べて、被験者に「どれが一番いいか」を選ばせるという実験です。

結果、ストッキングはどれも同じものであるにもかかわらず、右端のストッキングを選ぶ被験者が最も多いという結果になりました。

これは人の視線が左から右に流れるため、一番最後に見た右側のストッキングが最も印象に残ったと考えられます。

親近効果の恋愛への応用

応用1 合コンで相手から見て一番右側に座る

上記の通り人の視線は左から右に流れていくので、相手から右側に座ると最後に見られることになり、相手の印象に残りやすくなります。

ただし合コンの同性サイドに一人だけ強烈なイケメンがいると、女性はそのイケメンにばかり目を奪われてしまいます。

親近効果を狙うなら自分と同じくらいのレベルの容姿をした男性を集めるようにしましょう。

応用2 自己紹介で最後にポジティブな内容で締める

自己紹介をするときにポジティブな内容が最後に来るように意識します。

例えば「明るい性格だ」「良い企業に勤めている」などが、自己紹介の最後に来るようにするということです。

最後に発言した内容が記憶に残りやすいので、より「魅力のある人」と認識されやすくなります。

逆に「会社で怒られてばかり」「ブラック企業に勤めている」「人見知りだ」などのネガティブな内容は、できるだけ自己紹介の真ん中に配置するようにして、分量も少なめに抑えるようにしましょう。

まとめ

今回は親近効果をご紹介しました。

初頭効果と併せて覚えておくと便利です。「大事なことは最初か最後」と覚えておくようにしましょう。