街コン街コンに参加して色々な出会いを経験したいみなさんこんにちは!

今回は街コンの参加方法をご紹介します!

合コンだと「自分で企画する」がありますが、街コンの場合はすでに企画されているイベントに申し込みをすることで参加できるようになります。

参加者を募集している団体やポータルサイトがたくさんあるので、そちらから申し込むようにしましょう。

というわけで、街コンの募集を取り扱っているポータルサイトや、街コンを開催している団体をまとめてご紹介します。

よろしければ最後までお付き合いください。

 

街コンのポータルサイト(まとめサイト)

ポータルサイトは、色々な主催者が「うちの街コン情報を掲載してくれー」といって集まっているサイトです。

サイトの持ち主自身が街コンを企画しているわけではないので、さまざまな形式の街コンが掲載されています。また掲載されている数も非常に多いです。

ポータルサイトによる違いはほとんどありませんが、基本的に「街コン」という検索キーワードで上位表示されるポータルサイトの方が、多くの情報が集まりやすい傾向にあります。

有名なポータルサイトは以下の5つです。検索順位順に並べてあります。

街コンジャパン

株式会社リンクバルが運営しているポータルサイトです。

>>街コンジャパン

街コンポータル

全研本社株式会社が運営しているポータルサイトです。

>>街コンポータル

街コンまとめ


株式会社オリノスが運営しているポータルサイトです。

>>街コンまとめ

オミカレ


株式会社オミカレが運営しているポータルサイトです。婚活パーティ情報がメインですが、街コン情報も掲載しています。

>>オミカレ

合コンWALKER


合コンウォーカーが運営しているポータルサイトです。合コン・街コン・店コンなどの情報が掲載されています。

>>合コンウォーカー

街コン主催者

次に、実際に街コンの主催を行っている会社・団体をご紹介します。ポータルサイトではなく、主催者に直接申し込むことでも参加可能です。今回はある程度名前が知られていて、開催数も多い主催者を紹介します。

ちなみにですが、元々街コンは繁華街全体を巻き込んだ大型イベントだったのですが、現在では小規模化が進み、1店舗のみで開催されることも少なくないようです。

(「それ店コンやん」とツッコミたい気持ちはわかります。)

Rooters

街コンをはじめとする恋活パーティ主催を11年間続けてきた老舗です。
パーティの男女比が1:1にしていることや、恋活パーティのためだけに作った自社ラウンジが好評です。
ルーターズのパーティは30分に一度シャッフルタイムが設けられており、一回の街コンで必ず複数の人と話せる仕組みになっています。

>>Rooters

ecle(えくる)


主に東京、大阪で、月に100本以上のイベントを開催している街コン主催者です。ミクシィグループの一つである株式会社Diverseという会社が運営しています。
えくるが主催する街コンは、強制席替えシステムが採用されており、1回のイベントで最大12人の異性と話せるようになっています。

イベントタイプには、20代街コン、年の差街コン、アラサー街コン、1人参加OKなどがあり、女性から特に人気です。

>>ecle

街コンMAP


エス・ケー・ジャパン株式会社が運営している街コン検索サイトです。
完全着席スタイルで落ち着ける雰囲気の街コンを開催しています。直接話している時に連絡先を聞きそびれてしまっても、あとから運営に仲介してもらえる「お助けシステム」というものがあります。

>>街コンMAP

ALICE


年間6000回以上の街コンを開催している街コン主催者です。これまでの動員数は50万人以上。
同年代限定、年の差限定、アニメ・ゲーム好き限定などのイベントや、1人参加限定のイベントなどを開催しています。

>>ALICE

Can Con Party(キャンコンパーティー)

http://party-cancan.net/
株式会社キャンキャンが運営しているサイトで、主に東京での街コンを主催しています。
Can Con Partyが主催する街コンのスタイルは、50名~80名規模の半立食スタイル、200名~300名規模の大型街コン、完全着席型の3つです。

>>Can Con Party

街コンいいね

街コンいいねグループが運営している街コンサイトです。
男女比1対1、着席スタイル(1店舗開催の場合のみ)、30分に一度の席替えがあるイベントを開催しています。
以前にイベントで一緒になって嫌な思いをした相手などは事前に連絡すればバッティングしないようにしてくれる「ノーバッティングシステム」があります。

>>街コンいいね

アーバンマリッジ

主に西日本でイベントを主催しています。恋活・婚活パーティや個室パーティの主催がメインですが、稀に街コンの主催もしています。

>>アーバンマリッジ

リンクストア

四国・中国地方で恋活パーティ、婚活パーティ、街コンの主催を行っています。
パーティは12〜15名で開かれ、男女の人数差は±3名以内に抑えられています。
各パーティで、事前に参加者のプロフィールの一部を確認できるようになっています。

>>リンクストア

街コンの王様


月によっても異なりますが、月間300件近い街コンを開催している街コン主催者です。

席替えが多いのが特徴で、基本は30分に1回、人数が多いイベントだと10分に1回となることもあるようです。

>>街コンの王様

ランランド

岐阜、愛知、滋賀で街コンを開催している主催者です。
野球観戦をしに行く「球コン」や、愛知県犬山市のリトルワールドで開催される「リトルワールドコン」、岐阜県海津市の旧南濃中学校を利用した「廃校deナゾトキコン」など、特徴的なイベントを多数開催しています。

>>ランランド

街コンダイヤモンド


主に関東で街コンを開催している主催者です。ポータルサイト「街コンジャパン」が開催しているイベント・オブ・ザイヤーで2016年に顧客満足賞を受賞しています。連絡先交換率は80%と非常に高いです。パーティは最大6回の席替えが行われます。

>>街コンダイヤモンド

LINEXT NATION


全国で月間500回の街コンを開催している主催者です。
「不定休男女の友活・恋活コン」「男性職業限定コン」「恋フェスパーティ」などの人気イベントがあります。

>>LINEXT NATION

街コンキューブ


愛知・三重・滋賀・広島・奈良などで街コンを開催している主催者です。
100人程度の参加者を集めた街コンがメインで、開催実績は累計1000回以上あります。

>>街コンキューブ

シャンクレール



恋活・婚活パーティを主に開催している主催者です。
累計動員数は500万人弱、月間動員数も56,000人とかなり大規模に展開しています。
年代限定イベントがメインですが、日本郵政やスバル、陸上自衛隊などとコラボしたインベントやパーティも多数開催されています。

>>婚活パーティー「シャン・クレール」

まとめ

今回は街コンのポータルサイト、主催者をまとめてみました。

まずはポータルサイトで興味をもてるイベントを見つけ、そこからお気に入りの主催者を絞り込んでいくのが良いと思いますよ!

 

 


データから判明!一番出会えるのは○○だった!

合コン・街コン・婚活パーティ・社会人サークルなど、出会いを提供するサービスには実に様々な種類がありますが、実は最も出会えるのは、「恋活アプリ(マッチングアプリ)」ということがデータからわかっています。

出会い系のイメージが先行しているせいでネット恋活にネガティブな方も多いと思いますが、実はドンドン健全化が進んでおり、すでに国内で最もカップルを生んでいる婚活サービスになっているんです。

ブライダル総研が発表した「婚活実態調査2017」に以下のようなデータがあります。

 

出典:婚活実態調査2017|ブライダル総研

 

上記のデータを分かりやすく説明すると、

  • 2016年に結婚したカップルの11.3%がいずれかの婚活サービスを利用していた
  • いずれかの婚活サービスを利用して結婚した人のうち、37.7%が婚活・恋活アプリ(サイト)を利用していた(結婚相談所は25.3%)

ということです。

2010年代に入ってから、真面目な出会いのみを提供する健全なインターネットサービスが登場し、インターネットでの恋活は爆発的に普及しました。

それまであった不健全なイメージもここ数年でかなり払しょくされてきており、すでに結婚相談所よりも多くのカップルを生むようになっています。

 

これほどまでに普及している背景には、恋活アプリ特有の以下のようなメリットがあります。

  • どこでもお相手探しができるので忙しい中でも恋活できる
  • 利用料が安く気軽に恋活を始められる(男性は月額3,000円程度、女性は無料のものも多い)
  • それに加えてお相手候補がとにかく多い(数十万人規模)

 

ちなみに、インターネット婚活先進国であるアメリカでは、「オンラインで知り合ったカップルはリアルで出会ったカップルより離婚率が低い」というデータも出ています。

※参照:「ネットで知り合って結婚」は全体の1/3、離婚も少ない:米調査│WIRED

つまり、恋活アプリは

  • 「時間をかけず」
  • 「お金もかけず」
  • 「たくさんのお相手の中から」
  • 「自分にぴったりのパートナーを探せるツール」

ということです。

今後日本国内でも、もっとスタンダードな存在になっていくはずです。

色々な出会いの場に参加して結果が出てこなかった方も、ぜひ恋活アプリを利用して運命のパートナーを見つけてください。

以下の記事で最高の出会いを見つけられるオススメの恋活アプリを3つ紹介しているので、よければ参考にしてください。

【一番出会える恋活アプリはコレ!】