心理学を使って異性の心をがっちり掴みたいみなさんこんにちは!

今回は「ランチョンテクニック」という交渉術をご紹介します。

超簡単に説明すると「ご飯を食べながら交渉すると成功しやすくなる」というテクニックです。

詳しく見ていきましょう!

 

ランチョンテクニックってどんなもの?

ランチョンテクニックとは、食事中に交渉することで相手を説得しやすくなるという交渉テクニックです。

また、食事がおいしい時のポジティブな感情が、一緒に食事をとっている相手の印象につながるため、相手との距離を縮めるテクニックとしても使われます。

難しいものではなく、ただ相手と一緒に食事をとるだけで、説得しやすくなり好感度も増します。

ランチョンテクニックは、アメリカの心理学者、グレゴリーラズランが1930代に発表した「食事中に提示された意見は好意的に受け取られる」という研究結果が基になっています。

実際にビジネスや政治の多くの場面で利用されていますが、なぜ有効なのかについてはまだきちんと解明されていません。

口に物が入っているのでその場での反論を取りやめてしまう、口に物が入っていると注意力が散漫になるなど諸説あります。

ランチョンテクニックに関する実験

論文の発表の聞き手を、ピーナッツやガムを食べてもらうグループと何も口にしないグループに分けたところ、何も口にしていないグループが疑った論文の内容も、ものを口にしていたグループは納得した、という実験結果があるようです。

ランチョンテクニックの恋愛への応用

ランチョンテクニックは基本的に政治やビジネスなどの場面で利用される交渉術ですが、意中の相手へのアプローチにも応用可能です。

食事を一緒にとると打ち解けやすい

冒頭で説明した通り、食事をとっている最中は相手に対して好感を抱きやすくなります。
ランチやディナーなど、デートプランに食事を盛り込むのは有効です。

また、デートコースの最初に食事を入れてしまうという手もあります。

特に初対面の相手とデートするときなどは、相手の人となりもわからず何を話せばいいか戸惑ってしまいますが、食事を食べながらであれば打ち解けるのも早いでしょう。

食事中に次のデートの約束を取り付ける

デートが終わった後にLINEなどで次のデートの約束を取り付けるのではなく、その日のデート中(ディナーなど)に「次はどこに行こうか」と約束してしまうというのが方法としてあります。

警戒心が散漫になっているか、美味しい食事でポジティブな感情になっているかで、次回のデートの承諾をもらえる確率がアップするでしょう。

ランチョンテクニックを使う際の注意点

美味しい食事を食べたときのポジティブな感情が相手に対する印象につながるということは、まずい食事を食べたときのネガティブな感情も相手の印象につながる可能性があります。

美味しいお店を選ぶことはもちろん、相手の好きな食べ物なども事前にリサーチしておきたいところです。

まとめ

今回はランチョンテクニックをご紹介しました。

ただ美味しい食事を一緒に食べるだけという簡単なテクニックなので、ぜひ使ってみてください!