心理学を使って異性の心をがっちり掴みたいみなさんこんにちは!

今回は「ピークエンドの法則」という心理効果を紹介します。

今回は超簡単に説明できないのですが、ざっくり要約すると「人は自分自身の過去の経験を、ピーク時とエンド時のみで判断している」という心理法則のことです。

行動経済学者のダニエル・カーネマンが1999年に発表した論文の中で触れられています。

詳しく見ていきましょう!

 

ピークエンドの法則ってどんなもの?

「人は自分自身の過去の経験を、ピーク時とエンド時のみで判断している」と言われてもいまいちピンとこないと思うので、実際に行われた実験を基に説明します。

冷水を使った実験

A.ものすごく冷たい水に60秒手を入れる
B.ものすごく冷たい水(Aと同じ温度)に90秒手を入れるが、最後の30秒はちょっとだけ温度が上がる

もしあなたがこの実験の被験者になったら、どちらを選ぶでしょうか?

おそらく経験したことがない人ならほぼ全員がAを選ぶと思います。苦痛の総量がAの方が少ないためです。

ただ、実際に体験した人に「もう一度体験するならどちらか」という質問を投げると、8割近くがBを選択するそうです。

これは、ピーク時(最も温度が低い時)の苦痛はABとも同じで、エンド(終わるとき)の苦痛がBの方が少ないためと考えられています。

騒音を使った実験

A.大音量の不快な騒音に晒される
B.Aと同じ大音量に晒されるが、最後に少しだけ騒音がマシになる

この場合もBのグループの方が、騒音の不快度に対する評価は低かったようです。
これもピーク時が同じ不快度で、Bのエンド時の不快度が若干下がったためであると考えられます。

つまり、人間は過去の自分の経験から何かを判断するときに、ピーク(一番うれしかった、もしくは一番つらかった時)とエンド(物事が終わる直前)を中心に判断するということです。

上記の実験も、Bの水の方がピーク時に冷たかった、Bの大音量の方がピーク時の音が大きかった、という状況であれば違った結果になるかもしれません。

ピークエンド効果の恋愛への応用

デートコースにピークを作る

幸福度や盛り上がりが常に一定だと、「なんか全体的にダラッとしたデートだったなぁ」という印象を与えてしまう恐れがあります。

盛り上がりを5段階で数値化した場合、盛り上がりが常に3のデートコースよりも、ピークが5で他が2のデートコースの方が相手にはいい印象として残りやすいと考えられます。

他のコースを犠牲にしてでも、絶対盛り上がるデートスポットを1つ盛り込むといいでしょう。

逆に言えば、一日丸々100%満足させる必要はないということです。

去り際を丁寧に

デートにおけるエンドは「去り際」ということになります。
去り際を丁寧にしたり盛り上げたりすることで「いいデートだった」「いい人だった」と印象に残る可能性が高くなります。

例えばディズニーランドなんかは最後に花火が打ちあがりますから、デートの締めとしては最高の演出ですね。

逆に別れ際に「ホテル行こうよ」とか「家来ない?」とかあからさまに下心が見えてしまったり、相手が「遠慮しとくよ」と言っているのにしつこく「家まで送ってくよ」とか言ったりすると、「気分の悪いデートだった」と記憶されてしまう可能性が高くなります。

お互い楽しい気分のまま別れて、次回につなげるようにしたいですね。

管理人管理人

そういえば昔好きだった女性と飲んでて「もう一軒行こうよ」ってしつこく言った結果、走って逃げられたことがあります。その数日後SNSのフォローから外されました。

ウサギくん

下心って伝わるんだね…

まとめ

今回はピークエンドの法則をご紹介しました。

楽しいデートにすることは大切ですが、もう一歩踏み込んで、「楽しかった印象が強く残るデート」を作りたいですね!

メリハリのあるデートコース作り、去り際の潔さを意識してみてください(自戒)。