心理学を使って異性の心をがっちり掴みたいみなさんこんにちは!

今回は「スリーセット理論」という理論を紹介します。

超簡単に説明すると、「3回会ったら印象が決まる」という心理のことです。

詳しく見ていきましょう!

 

スリーセット理論ってどんなもの?

スリーセット理論とは、初対面から3回会うまでに、相手の印象がほぼ固定されてしまうという理論です。

初対面から印象が固定されるまでの流れは以下の通りです。

初対面:外見(服装、表情、仕草など)、声(大きさや質)、話の内容を基に、大雑把に相手の印象を定める

2回目:初対面で得た印象を再評価

3回目:再評価した印象を再度確認。印象が固定される。

4回目以降:印象の変化はほぼ起こらず、固定された印象が強くなる。

 

例えば1~3回目で「服装がダサい」と印象付けられていると、4回目以降にものすごくオシャレをしても「ダサいやつが頑張ってオシャレしてきた」と思われるようになります。

また、「ダサいやつが着ている服だからダサい」と思われてしまう可能性もあります。

逆に1~3回目で「オシャレな人」という印象がついていると、少しだらしない格好をしていても「この人のオシャレの一部」など、オシャレな人であるという前提に引っ張られた解釈をするようになります。

スリーセット理論の恋愛への応用

3回会うまでにほぼ印象が確定されるので、この3回では、服装やみだしなみに特に気を遣いましょう

ただ、「ゲインロス効果」を狙って、あえて初対面でだらしない格好をするという手法もあります。

要は3回目までに「かっこいい男性」「いい人」というのを強く印象付ければ、ちょっとやそっとじゃその印象は揺るがなくなるということです。

なお、上記の通りすでに印象が固定されてしまっている状態から自分の印象を変化させるのは、非常に難しいです。

スリーセット理論を応用する相手はこれから会う相手、もしくはまだ1度しか会っていないような相手にしてください。

まとめ

今回はスリーセット理論をご紹介しました。

「最近頑張っているんだけど、全然周りからの評価が変わらない」という人は、すでに周囲からの印象が固定されてしまっている可能性があります。

特に会って間もない人や、まだ一度も会ったことがない人に対しては、できる限り魅力的に見えるように接したいですね。