心理学を使って異性の心をがっちり掴みたいみなさんこんにちは!

今回は「シンメトリー効果」という心理効果をご紹介します。

超簡単に説明すると「左右対称を美しく感じる」という心理効果です。詳しく見ていきましょう!

 

シンメトリー効果ってどんなもの?

シンメトリー効果とは、左右対称なものに美しさや誠実さを感じ、好意や好感を抱きやすくなるという心理効果です。

モノに対してもそうですが、とりわけ人の顔や体が左右対称の場合、遺伝的な欠損がないことや健康であることの証明になり、美しいと感じやすいようです。

ニューメキシコで行われた観察結果により、「対称性が高い男性ほど女性に好まれる」と結論付けて発表されたといわれていますが詳細は不明です。

管理人管理人

調べたところ「非対称な方が美しい」といったソースもありました。まぁ好みではあると思うんですが……。

シンメトリー効果の恋愛への応用例

恋愛への応用というほど大層なものではありませんが、普段の生活から左右非対称な外見にならないように意識していくことが大切です。

身体付き

本来人間の身体は利き手利き足の方が大きくなりがちです。左右対称にするためにはトレーニングをして、意図的に左右対称の身体をつくります。

また足を組んだり、もたれかかったりする姿勢が多いと体はどちらかに傾いていくので注意が必要です。

まず自分の顔が左右非対称かどうかわからないという方も多いと思います。

View.cafeというメディアに参考になる内容があったのでご紹介します。

・アゴがカクカク鳴る
・食いしばりをよくする
・目と眉毛の高さが左右違う
・片側の法令線が気になる
・顔が大きく見える
・メガネをかけると片側だけの頬にフレームがあたる
・笑うと顔が引きつったように見える
・ネックレスの位置が時間が経つと変わる
・骨盤の歪み(傾き)が気になる
・頭痛、肩こりがある

出典:ミス・ユニバースジャパンファイナリストが習ってるセルフケア、シンメトリーな小顔グラデーション♪|View.cafe

 

こういった方は大体顔が左右非対称だそうです。

左右対称な顔を作るには、表情筋のトレーニングをするのが有効です。
笑顔が左右片方だけひきつると作り笑いのように見えてしまうので、自然な笑顔を作る練習もしてみてください。

また頬杖を突いたりどちらかを下にして寝ていたり、左右どちらかだけで噛む癖があったりすると左右非対称な顔になりやすいようです。

まとめ

今回はシンメトリー効果を紹介しました。

好みによる部分もあると思いますが、やはり左右の顔が全然違うよりも、ある程度対称の方が違和感は少ないのかなと思います。

第一印象で「なしだわぁ」と選択肢から除外されてしまう可能性も低くなると思うので、ぜひシンメトリーな体作りと顔作りにチャレンジしてみてください!