心理学を使って異性の心をがっちり掴みたいみなさんこんにちは!

今回は「ジョハリの窓」という心理モデルをご紹介します。

超簡単に説明すると「相手を褒めるときは、相手が自分自身で気づいていない部分を褒めよう」というものです。詳しく見ていきましょう!

 

ジョハリの窓ってどんなもの?

ジョハリの窓とは心理学者のジョセフ・ルフトとハリ・インガムが発表した心理モデルのことです。

元々は「対人関係における気づきのグラフモデル」という名前で発表されましたが、2人の名前をとって「ジョハリの窓」と呼ばれるようになりました。

管理人管理人

お笑い芸人の「イワイガワ」みたいなもんですね。

ジョハリの窓によれば、人間の自己は4種類に分類されています。

1.開放の窓

自分も知っているし周りの人にもオープンにしている自己です。
自分らしさ、自分っぽさは大体開放の窓に属する自分だと考えてOKです。

2.盲点の窓

自分は知らないけど周りの人が知っている自己です。
「言われて初めて気づく自分の一面」というのは盲点の窓に属します。
盲点の窓をつくと、相手から大きな反応が得られます。

3.秘密の窓

自分は知っているけど周りの人は知らない自己。
つまり、「隠している自分」です。

4.未知の窓

自分も周りも知らない自己、現状はあるとも思っていない自分の一面です。

ジョハリの窓は「人間にはこういった4つの窓があるんだよー」ということを提示しただけでしたが、「盲点の窓を褒める」という風に応用できます。

ジョハリの窓の恋愛への応用

上で説明した通り、「盲点の窓」(自分は気づいてないが周りは気づいている)を指摘すると、相手からの大きな反応が得られます。

すでに多くの人から言われているであろう「美人ですね」「ファッションセンスがいいですね」といった言葉は、開放の窓に属しますし、お世辞っぽさもあるので大きな反応は得られません。

言われた方からすれば

「またおんなじこと言われたよ」
「薄っぺらいなー」
「ボキャ貧かよ」

と思ってしまうんです。まぁ本当にこんなこと思ってたら駆逐したくなりますけどね。

そこでジョハリの窓の盲点の窓をつくようにします。

例えば「瞳がきれい」「声がきれい」「仕草が知的」など、相手の特徴の中でもあまり言われてなさそうな部分、あえて言うほどのことでもない小さな特徴、などを褒めるようにします。

こうすると、自分は相手にとって「知らなかった自分の一面を教えてくれた特別な人」と認識してくれる可能性があります。

ジョハリの窓を使う時の注意点

コンプレックスになりやすい身体的な特徴は触れるべきではありません。
ジョハリの窓で言うと「秘密の窓」に属する部分を指摘するのは基本的にアウトです。

風俗嬢は普通サイズのお客さんには「大きいですね」と言いますが、明らかに小さいお客さんには何も言わないそうです。それと同じですね。(喩えが最悪なのはスルーしてください)

出っ歯の人に「ハムスターっぽい」、目が細い人に「日本美人」、顔がでかい人に「ゆるきゃらっぽい」など色々言い回しはあり、「コンプレックスだった部分を褒めてくれた キュン」となることもあるものの、デリカシーのない人というレッテルを貼られてしまう可能性も高いので控えるようにしましょう。

まとめ

今回はジョハリの窓をご紹介しました。
相手をよく観察して、上手く「盲点の窓」を付けるように、友人などを使って練習していきましょう。