彼女欲しい

顔がブサイクだから彼女ができない」

「美人の彼女がほしいけどブサメンの俺には絶対無理だ」

こんな悩みをお持ちのみなさんこんにちは。

 

「顔が悪い」というのは身体的なコンプレックスの中でも特にクリティカルなものです。

私自身も彼女が全っ然できなかった時に、「所詮男は顔だよ」と卑屈になっていました。

 

ただ、実際には彼女ができないこととブサイクなことはまったく関係ありません!

 

……すいません言い過ぎました。

まったく関係ないとは言いませんが、ブサイクでも美人の彼女を作ることは十分可能です。

 

私自身西郷隆盛似の容姿のせいで色々悩みましたが、最終的に以下の3点を意識すれば美人の彼女を作れるという結論にたどり着きました。

・出会いの場に足を運ぶのが先。自分磨きは後。

いったん理想を下げるのがとにかく重要

・なにはともあれ行動力

今回は、「彼女欲しい」と嘆くブサメンがどうやったら美人の彼女を手に入れられるかを、上記3点を軸に詳しく解説します。

※この記事は、彼女ができないことに切実に悩む人に向けて書いた記事です。

ブサメンに彼女ができない理由

ブサメン 彼女できない 理由まずはマインド的な部分から少しお話しします。

そもそもブサメンに彼女ができないのは、顔そのものよりも卑屈に折れ曲がってしまった性格や考え方が原因になっています。

確かに、ブサメンが恋愛市場において不利であることは事実です。

ただ、世の中のカップルを見渡してみればわかる通り、ブサメンと美女のカップルなんて数えきれないほどあります。

また、ブサメンでも周りに必ず女性がいるような男もいます。

 

ちなみに、当ブログでウェブ上にある「モテる男の条件」をまとめた記事を公開していますが、顔自体を重要視する声は非常に少なかったです。

モテる男の条件を完全網羅!本当に大切な6つの要素と5大ポイント

多かったのは「清潔感」や「気配り」など、努力で何とかなる部分を重要視する声。

このことからも、彼女ができないのは、顔ではなく他に原因があると考えるのが自然だとわかります。

 

大きな問題のひとつは、「彼女がほしい」と言いながら、彼女を作るための行動をしていないこと。

日ごろから積み重なったブサメンマインドのせいで「どうせ当たっても砕けるだけ」と感じて行動が億劫になるのは仕方ないことですが、宝くじは買わなければ当たらないわけです。

ブサメンが美人の彼女を作る方法

ではここから、美人の彼女の作り方を紹介していきます。

出会いの場に足を運ぶのが先。自分磨きは後

街コン

ブサメンが美人の彼女を作るためにまずとりたい行動は、自分磨きではなく出会いの場への参加です。

合コン、街コン、相席居酒屋など、出会いのきっかけになるサービスがたくさんあるので、そういった出会いの場にドンドン足を運んでいきましょう。

 

なぜ自分磨きの方が後かと言えば、そもそも自分磨きから入ってもモチベーションが維持できないからです。

女性と出会う機会がないのに自分を磨くというのは結構な苦行。

大体長くても1週間経てば「どうせ女性と会うことなんてないからいいや」と投げ出してしまいます。

 

これは自分磨きから始めてしまうと「なぜ自分磨きをするのか」という目的を見失ってしまうことが原因です。

女性と実際に会う機会があるのとないのでは、自分磨きに対するモチベーションがまったく違います。

最初の内は女性から見向きもされないかもしれませんが、毎回「少し焦ってしまったかもしれない」「服装をもうちょっと小綺麗にした方がいいかもしれない」とトライ&エラーを繰り返していくうちに、男性的な魅力がどんどん磨かれていきますよ。

一旦理想を引き下げることがとにかく重要

理想 引き下げ

私は、ブサメンが美人と付き合いたいなら、いったん理想を引き下げる必要があると思っています。

この理由は、イケメンでもなくお金も持っていない男が美人を落とすには、恋愛経験が必要だからです。

 

女性は真面目な恋愛をするなら、「恋愛慣れしていて、自分を特別扱いしてくれて、自分に自信のある男性」を好みます。

そういった「大人のオトコ」になって初めて、見た目がさほどパッとしない男でも美人と対等に渡り合えるようになります。

 

しかし、経験豊富な男性の落ち着きやコナレ感は、恋愛経験の乏しい男が小手先のテクニックで繕えるものではありません。

絶対的な経験値の違いがここで出てしまうんですね。

 

経験値を積むには実際に恋愛をするのが一番です。形式化された恋愛マニュアルを100回読むより、実際に恋愛を1回した方が経験値は大きくなります。

だから理想を引き下げ、出会いのチャンスを広げて、とりあえず恋愛経験を積むことに徹する。

これを繰り返していれば確実に恋愛のスキルが上がり、美人を落とせる確率も格段にアップします。

ビジネスで最初は小さな市場から攻めるのと同じですね。

 

ちなみに、ブスな女性でも何度もデートして会話を重ねていくと、自分ではっきりわかるくらい女性慣れします。

まず女性と話したり一緒にいることに緊張しなくなりますし、女性が褒めて喜ぶポイントなんかも段々わかるようになってきます。

「男として成長した」と実感しますし、さらなるモチベーションアップにもつながります。

なにはともあれ行動力

行動力

さて、理想を下げたらあとは行動するだけ。

ただ、ここで言う行動とは、1人2人に軽くアプローチすることではありません。

100人単位に猛アタックするくらいの気合いで臨みましょう。

 

彼女ができるかどうかというのは確率論みたいな部分があります。

たとえば1人にアプローチして彼女ができる確率が1%だったら、理論上は100回アプローチすれば彼女ができることになります。

さらに、並行して自分磨きをしていくわけですから、徐々に彼女ができる確率も上がっていくわけです。

 

100人の女性に告白していまだ成功ゼロという男性は、会ったこともないし聞いたこともないです。

どんな男でもサイコロを振り続ければいつかは彼女ができます。

 

その後の流れはいたってシンプルです。

恐れず、折れず、ずっとアタックを続けていれば、必ず彼女ができる。

彼女ができれば恋愛経験値が上がる。

恋愛経験値が上がればいずれ美人とも付き合える。

こんな具合にステップアップしていきます。

裏技や攻略法はないので、ひたすら地道に行動していきましょう。

自分を変えたいならいますぐ行動

ここまで、美人の彼女を手に入れるための方法・考え方を解説してきましたが、頭で理解しただけではなにも変わりません。

行動しない限りは単なるノウハウコレクターです。

幸いここまで読んでくれたあなたは「変わりたい」「自分を変えたい」という思いが強い人だと思います。

その思いを成就させたいなら、いますぐ行動してください。

 

「明日になったらマッチングサービスに登録しよう」

「今度友達と会うからそのとき合コンを打診してみよう」

 

そんな気持ちじゃダメです。

熱意やモチベーションなんてものは一日経ったら忘れてしまいます。

「鉄は熱いうちに打て」

「思い立ったが吉日」

「本気で変わりたい」と思って、「今」行動し続けた人だけが、今と全く違う未来を手に入れることができるんです。

 

今動き始めれば、多分1ヵ月後も1年後も自分を変えるために努力していると思います。

逆に行動を先延ばしにしてしまった人は、多分一生そのままです。

 

「ブサメンだからこそ本気で行動できた」

「ブサメンだからこそ美人の彼女を手に入れることができた」

と自信をもって話せる未来を手に入れられるよう、今日の夜からでも出会いの場に参加しましょう。

早すぎることはありません。

おすすめの出会いの場

私自身は恋活アプリを使い始めてから飛躍的に出会いの数が増えました。

恋愛初心者が男を磨くのには最適な場所だと思います。

自信のない恋愛初心者には、とくに「with」という恋活アプリおすすめします。

withは恋活アプリの中でもかなり特殊で、メンタリストDaiGo監修の「相性診断」が度々開催されます。

この相性診断を楽しみに登録している女性が多いおかげで、「相性がいい」と診断された女性とのマッチング率が跳ね上がるという特徴があります。

やはり「相性100%」といわれた相手は、顔がさほどよくなくても気になってしまうものです。

ちょうどよく美人の女性ばかりとマッチングするということはありませんが、誰かしら相性がいい相手が選ばれるので、他の恋活アプリよりも恋愛経験値が非常に積みやすくなっています

 

また、恋活アプリは登録したらいますぐに女性にアプローチできるというのもメリットです。

合コンなどでは日程を合わせる手間などがあるので、その間にモチベーションが下がってしまう恐れがありますが、恋活アプリならその心配はありません。

withで自分を変える一歩を踏み出してください。

▼withの無料登録▼
with(ウィズ)

withの詳細

まとめ

いかがでしたか?

ブサメンが美人の彼女を手に入れるには「まず理想を引き下げ」「出会いの場に参加しながら」「自分を磨く」。

要はこれだけです。

 

重要なのはとにかく「今」行動し続けることです。

自分を磨かなければというフェーズに入ったら、冒頭でも紹介した以下の記事を参考にしてみてください。

モテる男の条件を完全網羅!本当に大切な6つの要素と5大ポイント

まずは女性と会うまでの難易度が低いwithを使って、女性に慣れるところから始めてみてくださいね。