私はこれまで、合コン・街コン・婚活パーティ・相席居酒屋など、様々な出会いの場に参加してきました。

はじめは人見知りMAXだったので、女性と会っても「あうあう」言っているだけ。

無論全く相手にされないどころか相手の顔に憐憫の情すら浮かんでいましたが、「これも修行」と割り切り、試行錯誤を繰り返しながら何度も何度も通いました。

その間については端折りますが、最終的には人並みに成果が出せるようになったと思っています。

そんな私が、今から3年ほど前に知ったのが「facebook恋活アプリ」でした。

使い始めて間もなく

「なにコレェ!チョー使えるんですけどウケるwww」

となりまして、現在まで使い続けています。

現在「出会いがない!どーすりゃええんや」と悩んでいる人は、ぜひfacebook恋活アプリを使ってみてほしいです!

今回は、facebook恋活アプリが他の恋活に比べて優れている理由を紹介します!

よろしければ最後までお付き合いください。

現在私が使っている恋活アプリ

まずは現在私が使用している4種類の恋活アプリを簡単に紹介します。

並びは出会えている順です。

ペアーズ

pairs3

【運営】株式会社エウレカ
【会員数】累計会員数:600万人以上
【男女比】非公開
【料金】
[女性]完全無料
[男性]1,898円〜/月※
※会員登録からマッチングまでは無料で使えます。
【特長】
・会員数がとにかく多い
・20代前半~30歳くらいまでがボリュームゾーン
・男女比は非公開だが、全く問題ない程度に女性もいる
・3万個以上のコミュニティで気の合う相手を探せる
・比較的安い
・マッチングしやすく実際に会うところまでは結構簡単(体感)
【公式サイト】ペアーズ

⇒ペアーズの詳細記事


Omiai

恋をしよう

【運営】株式会社ネットマーケティング
【会員数】累計会員数:250万人以上
【男女比】男6:女4
【料金】
[女性]無料
[男性]1,950円〜/月(12ヵ月分まとめ払いの場合)※
※会員登録からマッチングまでは無料で使えます。
【特長】
・会員数が業界トップクラスに多い
・操作や仕組みが簡単で使いやすい
・年齢層は25歳~34歳がボリュームゾーン
・女性の恋愛に対する真剣度が高い(体感)
【公式サイト】Omiai

⇒Omiaiの詳細記事

 


with(ウィズ)
with(ウィズ)

【運営】株式会社イグニス
【会員数】非公開
【男女比】男6:女4
【料金】
[女性]無料
[男性]1,800円〜/月※
※会員登録からマッチングまでは無料で使えます。
【特徴】
・メンタリストDaigoがプロデュースした心理テストあり(結果でマッチングする)
・20代前半~30歳くらいがボリュームゾーン
・新規会員の伸びが良いので、「見た顔しかいない」ということがない
・恋活アプリの中でもトップクラスにリーズナブル
【公式サイト】with

⇒withの詳細記事


ゼクシィ恋結び
ゼクシィ恋結び

【運営】株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
【会員数】非公開
【男女比】男6:女4
【料金】
[女性]無料(初月のみ108円)
[男性]1,980円〜/月※
※会員登録からマッチング・初回メッセージ送信までは無料で使えます。
【特徴】
・20代前半~30歳くらいがボリュームゾーン(20代が全体の70%)
・リクルートグループ運営だから安心感がある
・「条件から探す」「つながりから探す」の2種類がある
【公式サイト】ゼクシィ恋結び

⇒ゼクシィ恋結びの詳細記事

 

実際にどの程度出会えているか

では、私がどの程度恋活アプリで女性と出会っているのか、これまでの戦績を紹介したいと思います。

デートした人数 彼女ができた回数
ペアーズ 22人 1回
Omiai 13人 3回
with 9人 0回
ゼクシィ恋結び 5人 0回

私が今現在使用している恋活アプリは上記の4種類です。

初めてペアーズとOmiaiに登録してから、2018年5月現在で、3年4カ月になります。

人見知りでセカンド童貞だった私が、もう50人近くの女性とデートしたのかと思うと感慨深いものがあります。

管理人管理人

頑張ったなぁ…俺。

 

ただ、鬼神の如く恋活アプリを使いまくってる人からすると、上の数字は少なめだと思います。

知らんけど。

というのも、私、彼女ができると全部のアプリを退会するクチ(割とまじめ)なので、少なくとも1年以上は空白期間です。

あと、めんどくさくなって放置していたりする期間もあるので、修羅モードで3年4カ月使い倒している人だったらもっと全然いい数字が出るはずです。

知らんけど。

ちなみに、肉体関係に至った女性もボチボチ。

一晩共にして好きになって告白したらフラれたなんてこともありました。

私がヘタだったってことですかね?

ハハハ(渇)

まぁ話が逸れましたが、なにを言いたいかというと、

 

出会えるよ。
マジで。

 

ということです。

恋活アプリを激推しする理由

私が現在使用しているペアーズ・Omiai・with・ゼクシィ恋結びには、他の恋活に比べて以下のようなメリットがあります。

 

恋活アプリの7大メリット

1.恋活ビギナーでも出会いやすい

2.真面目に出会いを探している女性が多いのでレスポンスがいい

3.サクラはいないし業者も少ないので安全性が高い

4.身内バレしにくいので安心

5.プロフィールで顔出ししている人が多い

6.忙しい人もちょっとしたスキマ時間で恋活できる

7.リアルの恋活に比べて圧倒的に安い

 

それぞれ詳しく解説していきますね。

1.恋活ビギナーでも出会いやすい

facebook恋活アプリの出会うまでの流れは以下のようになっています。

1.気になった相手に「いいね!」を送る

2.相手からも「いいね!」が返ってきたらマッチング

3.マッチング後メッセージでやりとり

4.仲良くなったら実際にデート

↓こちらの動画がわかりやすいと思います。

 

出会い系などを使ったことがある人は、最初はメッセージが送れない仕組みに「ん?」となるかもしれませんが、この流れがすごくいいんです。

ホントすごくいい!(語彙力)

プロフィールさえ作り込めばなんとかなる

実際のところ、いいね!を最初に送るシステムには賛否があります。

「最初にメッセージが送れないとアピールできないじゃないか!」

「めんどくさいこと抜きでもっとスピーディに出会いたいんだよ!」

という意見は結構根強いです。

ただ、私はこの流れが好きです。

 

メッセージが最初から送れるということは、相手に判断材料を多く与えてしまうということ。

簡単に言えば、こちらのボロが出やすいんです。

プロフィールが良くてもメッセージが微妙ならスルーされてしまいますし、逆も然りです。

また、相手が自分に興味を持ってくれているかわからない状態でアプローチしなければならないので、練りに練ったメッセージがスルーされることなんてしょっちゅうです。

 

逆に、facebook恋活アプリのように最初にメッセージが送れない仕組みだと、いいねをもらった人からすると、プロフィールのみでいいね!を返すかどうか判断しなければなりません。

ということは、プロフィールさえ作り込んでいればマッチング率が劇的に上がるんです。

そして「マッチングしたからとりあえずメッセージもしようかな」となります。

さらに「ちょっと仲良くなったし一度会ってみてもいいかも」と思うようになります。

これは、大きな要求を飲ませるために小さな要求を承諾させていく「フット・イン・ザ・ドア」という交渉テクニックにとてもよく似ています。

もちろんすべての相手がこんな風に考えるわけではありませんが、こういう人が一定数いるので、恋活ビギナーでもそれほど苦労せずデートまで持ち込めるんです。

 

また、「この人とだけはどうしてもマッチングしたい!」という人が現れたら、「メッセージ付きいいね!」「みてね!」という機能もあります。

メッセージが送られて来ることが滅多にないので、内容云々より「メッセージがついている」ということ自体が強烈なアピールになります。

「ここぞ」という時には他と差別化する方法もあるよ、ということです。

※画像クリックで拡大できます

合コンや街コンに比べても難易度が低い

特に合コンが顕著ですが、リアルの出会いの場は参加している絶対数が少ないので、当然自分好みの女性がいる可能性も低いです。

 

こんな子や

 

こんな子や

 

こんな子なんて滅多に来ないですし、来たら来たで蜘蛛の糸の如く奪い合いになります。

4人とか3人の中に自分好みの女性がいる確率なんて、マジで無に等しいですから。

会自体も、リアルタイムで変化していく状況に柔軟に対応して、場を盛り上げて、気を配ってと、

やること多すぎんだろ!

とツッコミたくなります。

慣れないと、やるべきことに忙殺されて本来の目的を忘れるレベルです。

 

一方、恋活アプリはとか10万とかの単位で女性がいるので、タイプの女性がいないほうが珍しいです。

またリアルタイム性が低いので、じっくり考えてプロフィール・メッセージを作ることができます。

リアルでは「初対面でアワアワしてしまって結局いいところが見せられなかった」となりがちですが、恋活アプリではそのようなことはありません。

実際に会った時にはそれなりの会話スキルが必要になりますが、相手が喜ぶ話題もすでにプロフィールで把握していますし、全然知らない人に数時間でアプローチすることに比べればハードルは低いです。

2.真面目に出会いを探している女性が多いのでレスポンスがいい

ペアーズ・Omiai・with・ゼクシィ恋結びなどの恋活アプリは、それまで出会い系アプリでよくあったエロ訴求(「エロい女とヤレる!」みたいな広告)を一切使わずに運営しています。

広告はすべて「真面目な出会い」「恋愛ができる」というもの。

それまでの出会い系と徹底的に差別化することで、クリーンなイメージを定着させました。

 

そして、クリーンなイメージが出来上がったことで、「ネットなんてどうせヤリ目ばかりでしょ?」と思っていた女性たちがネット恋活に積極的になったんです。

 

積極的に出会いを求めて登録している女性が多いということは、レスポンスもいいということ。

特にOmiaiに登録している女性の真剣度は高く、マッチングするとあちらからメッセージを送ってきてくれることも少なくありません。(結構テンション上がります)

3.サクラはいないし業者も少ないので安全性が高い

サクラはいないし、いたとしても問題ない

私が現在使用している恋活アプリは、どれもサクラがいません。

厳密には「いない」とは言い切れず、これまでにサクラとマッチングしている可能性もあるんですが、別に問題ないです。

というのも、私が使っている恋活アプリは月額制(定額制)なので、すでに有料会員の私がサクラとマッチングしてメッセージのやり取りをしたところで、追加料金は発生しないんです。

こちらに損がないということは、運営側にもサクラを雇う得がないということなので、多分使っていないだろうと考えています。

業者はいるけど他に比べれば少ない

どんなアプリにも業者は湧きます。

LINE ID回収業者だったり、援デリ業者だったり、他のアプリに登録させようとする業者だったり色々います。

これは恋活アプリも例外ではなく、ホントどこにでもいます。

ただfacebook恋活アプリは、出会い系などと比べると業者の数が少ないです。

おそらく会員登録するのに

  • 「facebookアカウントが必要」
  • 「facebookの友達が10人以上」

という条件を設けているからだと思います。

また「退会後1カ月は再登録できない」という制約もあるので、業者にとって活動しにくい場所なんでしょうね。

あからさまな活動をすればすぐに通報されてBANになるので、アプリ内はかなりクリーンな状態が維持されていますよ!

ちなみに自分のプロフィール画像を変更するだけで30分くらい審査が入ったりします。

それだけ運営が全会員に厳しい目を向けているということです。

というわけで、安全性は抜群だ!

4.身内バレしにくいので安心

上記の通りfacebook恋活アプリはfacebookアカウントを使って登録します。

「facebookと連携する」というと

 

ウサギくん

「facebookに投稿されちゃうんじゃ…」

ウサギくん

「登録したことが周りにバレちゃうんじゃ…」

 

と疑う人もいると思いますが、そこは全然問題ないです。

むしろ友達にはバレにくい仕様になっています。

 

笑顔facebook恋活アプリは、facebookと連携することで、アプリ上の検索結果からfacebookの友人を自動で弾く仕組みになっています。

稀に距離感遠めの知人などが表示されることもありますが、そういった人もブロック機能を使えば双方に表示されなくなります。

本気で誰にもバレたくないという人は「シークレットモード」といって、自分のプロフィールをすべて非公開にすることもできます。

意識していれば身内バレは99%防げるので、他のアプリよりも安心して使えると思いますよ。

5.プロフィールで顔出ししている人が多い

出会い系アプリで顔出ししている人は少ないですが、facebook恋活アプリを使っている人は、「友人にバレない」「業者に悪用されにくい」という安心感からか、ほぼほぼ顔出ししています。

基本的には自分のコミュニティ外の人しか表示されなくなるので、堂々と恋活できるということですね。

もしかしたら本人の写真じゃないと承認されない、というのがあるのかもしれません(試したことないのでわからないですが)。

盛っている盛っていないの話はありますが、顔が見れることで「会ってガッカリ」ということは少ない印象です。

 

6.忙しい人もちょっとしたスキマ時間で恋活できる

リアルの恋活はとにかく時間がかかります。

パーティや飲み会自体に何時間も取られてしまいますし、会場までの移動時間もぼちぼちかかるでしょう。

そもそも仕事の時間が合わなければ出席する機会すらありません。

リアルでの恋活は何かと時間的な制約が多いんです。

 

一方恋活アプリは家でも相手探しができてしまいます。

相手にいいね!を送るのもほんの数秒ですし、ちょっとした仕事の空き時間などでも無理せず恋活できます。

仕事の休憩時間や就業時間が不定でも、相手探し、いいね!やメッセージの送信はいつでもできます。

リアルタイム性が低いというのがメリットになっているわけですね。

仕事が忙しくて動けない、という人にこそ使ってほしいです。

7.リアルの恋活に比べて圧倒的に安い

マッチングするまでは無料で使える

恋活アプリは月額制ですが、初回のマッチングまでは無料登録で使えます。

課金のタイミングは「マッチング後にメッセージを送るとき」もしくは「2通目のメッセージを送るとき※」です。

※1通目のメッセージが無料で送れるアプリがあります

 

私は初めて恋活アプリを使った時に、お金を払わないとプロフィールを見られないと思っていたので結構感動しました

コスパがいい!

恋活アプリの月額は、大体3,000円~4,000円です。

12ヵ月プランで登録すると2,000円/月とかになるアプリもあります

他の恋活にかかるお金と比べると、以下のようになります。

出会いの場 料金
恋活アプリ 2,000円~4,000円/月
合コン(セッティングサービス使用) 7,000円/1回
合コン(友人開催) 5,000円~/1回
街コン 7,000円/1回
婚活パーティ 3,000円~7,000円/1回

若干わかりにくいかもしれませんが、「好みの人とデートできる回数:料金」で考えると、恋活アプリは圧倒的に安いです。

例えば合コンと比較するとわかりやすいのですが、4対4の合コンでタイプの女性に出会うにはおそらく3回かそれ以上は参加しなければいけません。

狙った女性の連絡先を100%聞き出せて、その女性と100%デートできると仮定しても、この時点で15,000円かかっています。

二次会なども考えるともっとかかりますね。

 

一方恋活アプリ。

私は恋活アプリを4つ使用しているので、月額は12,000円ほどです。

月間のアベレージで大体2人とデートしていますから、好みの人1人とデートするまでにかかるお金は単純計算で6,000円

合コンの半分以下ですね。

たまに事故物件ちゃんに当たることがありますが、それを差し引いても合コンの半額以下には抑えられているんじゃないでしょうか。

当然使用するアプリを絞り込んだり理想を下げたりすれば、コスパはもっとよくなります。

管理人管理人

4つも使っているのは「カワイイ子と会いたい!」という私の欲望の現れです(煩)

アプリを1つに絞っても、しっかり使いこなせば月間1人2人とデートをするのはそれほど難しくないと思います。

2,000円~4,000円で1人2人とデートできるって、バカみたいに安いですよ。


こんな具合に、恋活アプリには他の恋活に比べたメリットがたくさんあります。

掘ればもっと出てくると思いますが、今回はこのくらいで。

結局どのアプリが一番おすすめ!?

試しに1つ使ってみたいなら「ペアーズ」

とりあえず試しに1つ使ってみたいなら「ペアーズ」がおすすめです!

会員数がぶっちぎり最多なので、地方でもガンガン出会えます。

今回は4種類紹介していますが、ペアーズ1つで恋活を続けている人も多いですよ!

 

▼無料登録▼
pairs2

 

35歳以上or年上好きなら「Omiai」

35歳以上、もしくは「20代だけど年上女性と付き合いたい」という方は「Omiai 」がおすすめです。

ペアーズでもいいのですが、Omiaiの方が年齢層が高めなのでより最適という印象です。

 

▼無料登録▼
恋をしよう

自分に自信がないなら「with」

withは他のアプリとちょっと違って、メンタリストDaiGo監修の「診断」イベントが度々開催されます。

診断で相性の良かった相手とはマッチング率が異様に高くなるので、「アプローチの仕方が分からないんだが……」という方におすすめです!

 

▼無料登録▼
with(ウィズ)

恋活アプリを使って出会いを増やそう

いかがでしたか?

恋活アプリの魅力が伝わったら幸いです。

現在絶賛恋活中の方は、ぜひfacebook恋活アプリを使ってみてくださいね!

無料登録から使えますし身内バレもしにくいので、まずは気軽に登録してみてください!

ここまで読んでみて「興味は湧いたけどどのアプリにしようかな…」となった方は、以下の記事を参考にしてください!

ペアーズ・Omiai・withをもっと具体的に比較しています。

管理人おすすめの恋活アプリ特集!!