with サクラ 業者

withを使い始める前に気になるのが「サクラがいるかどうか」ではないでしょうか。

今回はwithのサクラ・業者の有無について解説していきます。

結論から言ってしまうと、withにサクラはいません。

ただ、数は少ないながら、一般ユーザーに成りすました誘導業者などはアプリ内で活動しています。

というわけで、今回は以下をメインに解説していければと思います。

・withにサクラがいないと思った理由
・業者に引っかからないための注意点

管理人管理人

withは、会員数・システムともに、後発のアプリとしてはもっとも優秀です。


withの無料登録はこちらから
with(ウィズ)

サクラと業者の違い

まずサクラと業者の違いをはっきりさせておきましょう。

「withにサクラがいる」といったような口コミを見た方も多いと思います。

こういった口コミを投稿している人のほとんどは、サクラと業者の区別がついていません。

「サクラがいた」と言いながら、話をよく聞いてみると業者のことを言っていることがほとんどです。

サクラと業者はまったくの別物です。

サクラ 業者
雇い主 恋活アプリ 恋活アプリとは別の詐欺サイトなど
行動指針 アプリ上でポイントをいっぱい使わせる 他サイト・他サービスへ誘導する
最終目的 アプリの売り上げ増加・顧客増加 アプリユーザーを他サイト・他サービスへ登録させる

withが賑やかし、課金させるために誰かを雇っていたらそれはサクラです。

一方業者はwithの運営とは一切関係なく、他サイトへの誘導を目的にしています。

サクラを雇っているのは悪質なアプリですが、業者がいたからと言って悪質なアプリとは言えません。

業者はどのアプリにもいるものだからです。

ただwithは、facebook連携を必須にしている他、厳しい監視体制も敷いているため、他の無名なアプリに比べてかなり業者の数が少ないです。

withにサクラはいない!

with サクラ

withの運営に携わっているわけではないので、本当は「サクラはいない!」と言い切ってしまうことはできないのですが、withがサクラを雇っている可能性は非常に低いです。

そう思う理由は以下のとおりです。

会員数100万人超えだから雇う必要がない

withの会員数はすでに100万人を超えています。

マッチングアプリの中でも100万人超えは数タイトルしかありません。

そもそもサクラというのは、人がいないアプリを盛り上がっているように見せるためのものです。

すでにこれだけの会員を抱えていて、さらに新規会員がバンバン入ってきていて、毎日何万件もマッチングが発生しているwithが、わざわざサクラを雇う意味がありません。

上場企業だからリスクが大きい

withの運営会社は株式会社イグニスという上場企業です。

サクラを使うことは当然犯罪ですが、上場企業が故意に犯罪行為に手を染めているとは正直考えにくいです。

万が一イグニスがサクラを雇っていることが公になったら大問題に発展します。

社会的な信用も株主の信用も失ってしまいます。

あまりにもリスクが大きすぎるので、サクラは雇っていないと考えるのが自然だと思います。

サクラを雇ってもそんなに儲からない

サクラというのはもともとポイント制の出会い系サイトでよく使われていました。

ポイント制の出会い系アプリは、相手とのメッセージ一通に50円程度かかるのが一般的で、ポイントを使わせた分だけ儲かるので、一人一人から相当な額を巻き上げていたといいます。

サクラを雇うことで何十億、何百億という利益を上げた会社もあるそうです(すでに検挙されていますが)。

 

一方でwithは月額制のアプリです。

月額2000円~3000円程度を支払えばメッセージが無制限で送れるようになります。

言ってしまえば、サクラを雇ったところで一人から3,000円程度しか引きだせないということです。

サクラを雇ったところでそれほど儲かりませんし、上記のリスクと合わせて考えても雇っていないと考えるのが自然だと思います。

業者はいるので注意!

with 業者

上記のとおりwithにサクラがいる可能性は低いです。

ただ、少ないながら誘導業者や勧誘業者は一般ユーザーを装って活動しています。

万が一に備えて業者対策は欠かさないようにしましょう。

withには以下のような業者がいることが考えられます。

誘導業者

withとは別の悪質サイトに登録させることを目的にする業者です。

メール一通に数千円かかるようなとんでもない悪質サイトです。

「そんなのに引っ掛かるわけない」と思うものですが、誘導業者はこちらの警戒心を解くためにすぐには別サイトに誘導せず、実在するユーザーだと思い込ませてから誘導を始めます。

「何があっても相手が送ってきたURLは踏まない」を徹底するのが一番の対策です。

いかなる状況でもこれを守れば絶対に騙されません。

マルチ・宗教等の勧誘

ネットワークビジネスや宗教の勧誘業者は、withにも紛れ込んでいます。

これに関しては数は非常に少ない(誘導業者よりもっと少ない)ですが、誘導業者よりも事前に見抜くことが難しいのが難点です。

十分に注意していても遭遇してしまう可能性があります。

デートなどになってから相手が勧誘だと気づいた場合は、その場から逃げることを最優先に考えてください。

業者の見抜き方

with 業者 見抜き方

withで業者に騙されないためには、以下の点に注目してみてください。

サブ写真があるかどうか

業者は実在する人物ではないので、with内で一般ユーザーを装うには写真をどこかから用意する必要があります。

ほとんどの場合インターネット上のどこかからか拾ってくるのですが、同じ人物の写真を2枚以上用意できないことが多いです。

そのため業者はサブ写真がない、またはサブ写真はすべて風景、といったようなケースがよくあります。

相手のプロフィールに顔が分かる写真が2枚以上ない場合は疑ってみたほうがいいでしょう。

診断に参加しているかどうか

withの目玉・売りはメンタリストDaiGo監修の診断コンテンツです。

withの診断は結果がプロフィールに反映されます。

マッチング率にも大きく影響するので、withに登録している一般ユーザーなら診断はやっているのが普通なのですが、業者はめんどくさがって参加していない可能性があります。

ユーザーのプロフィールを見てみて、きちんと診断に参加しているか確認してみてください。

自己紹介文がちゃんと書いてあるかどうか

業者は自己紹介文が簡素な場合が多いです。

自己紹介文が「よろしくお願いします。」「はじめました~」といった一言だけの場合は疑った方がいいかもしれません。

その他注意したいポイント

上記のほかにも以下のような点が見られるユーザーは業者の可能性があります。

複数当てはまるユーザーは警戒してください。

警戒

  • 顔写真がかわいすぎる
  • サブの写真がない
  • 顔写真が一枚しかない
  • Facebookの友達が極端に少ない
  • 自己紹介が簡素

超警戒

  • メッセージですぐに連絡先を聞いてくる
  • 会話が成立しない
  • 自己紹介文で「自分のビジネスで悠々自適に生活している」などが書いてある

業者確定

  • LINE移行後すぐに退会(ブロック)する
  • 変なサイトのURLを送ってくる
  • ビジネスや副業の話をしてくる
  • 「会わせたい人がいる」と言ってくる

 

怪しい場合は電話を持ち掛けてみよう

電話

昨今では業者の手口が巧妙化してきており、「ブログやってるから見てみてね!」などといって、当たり障りない個人ブログを見せて警戒心を解かせてから別のサイトに誘導する、という場合もあるようです。

基本的にブログだろうが何だろうが他サイトに誘導してきた時点で9割9分業者ですから、その時点で連絡を絶ってしまうのが最善手です。

ただ「怪しいけど信じたい」という気持ちがあるのであれば一度電話してみるのがオススメです。

相手が電話を嫌がるようであれば信じる余地は1mmもなくなります。

 

また、LINE IDは実際に会うまで教えないというのも手です。

業者はwithのアカウントを守るために、マッチング後すぐにLINEに移行し、with上で相手をブロックします(ブロックすると相手が通報できなくなるため)。

そのため、LINE IDを教えなければ向こうからフェードアウトしてくれる可能性も高いです。

まとめ

withはサクラがおらず、業者の数も少ない恋活アプリです。

ただ万が一に備えて、相手に会うまでは「業者かもしれない」と疑う気持ちを絶やさないようにしましょう。

業者とマッチングしても誘導先に登録しない限りは安全ですが、メッセージの手間なども丸々無駄になってしまうので怪しいユーザーにはできるだけいいね!を送らないように、相手のプロフィールをしっかり確認するようにしましょう。

withの無料登録はこちらから
with(ウィズ)

本当に出会えるオススメ恋活アプリベスト3

ペアーズ

pairs3【運営】株式会社エウレカ
【会員数】累計800万人以上
【男女比】非公開
【料金】
[女性]完全無料
[男性]1,280円〜/月※
※会員登録からマッチングまでは無料で使えます。

【公式サイト】ペアーズ

【オススメポイント】

  • 会員数が多いので自分好みの相手が見つかりやすい
  • 交際・入籍者数15万人以上という圧倒的な実績
  • 機能がシンプルなので恋活アプリ初心者にも使いやすい
  • 会員数に対して価格が非常に安い(男性月額1,280円~:女性無料)

Omiai

恋をしよう【運営】株式会社ネットマーケティング
【会員数】累計300万人以上
【男女比】男6:女4
【料金】
[女性]無料
[男性]1,950円〜/月(12ヵ月分まとめ払いの場合)※
※会員登録からマッチングまでは無料で使えます。

【公式サイト】Omiai
スマホ版(オススメ)

【オススメポイント】

  • 少し年齢層高め(20代中盤~30代中盤)で、大人な落ち着いた雰囲気の会員が多い
  • 将来を見据えた恋愛ができる
  • 一部のユーザーに人気が集中しすぎない仕組みを採用している

with(ウィズ)

with(ウィズ)【運営】株式会社イグニス
【会員数】累計100万人以上
【男女比】男6:女4
【料金】
[女性]無料
[男性]1,800円〜/月※
※会員登録からマッチングまでは無料で使えます。

【公式サイト】with

【オススメポイント】

  • メンタリストDaiGo監修の相性診断で心理学的に相性のいい相手とマッチングできる
  • 恋活アプリの中でもトップクラスに安い(男性月額1,800円~:女性無料)
  • メッセージやプロフィール作りで心理学的なアドバイスがもらえる

ランキングの詳細はこちら!