恋活アプリ 電話

恋活アプリで女性とマッチングしたら、会う前に一度電話やLINE通話をするのがオススメです。

今回は会う前にLINE通話や電話をするメリット・デメリット、電話する場合のタイミングや話す内容、断られたときにどうすればいいかを解説していきます。

会う前に電話するメリット・デメリット

メリット デメリット

メリット

まずはメリットから、恋活アプリで知り合った人と会う前に電話をすることには、以下のようなメリットがあります。

  • 会うときの緊張がほぐれる
  • メッセージだけよりも相手のことを理解できる
  • メッセージだけよりも自分のことを理解してもらえる
  • 「会ってみたら思っていたのと違った」ということが減る
  • 女性から興味をもってもらいやすくなる
  • 相手がサクラ(業者)かどうか判別可能
  • 相性がいい人だと電話でより惹かれ合う
  • 電話からそのままデートにつながる可能性あり
  • 声を聴いた方がその後のメッセージが楽しくなる

とくに説明する必要もないものばかりですね。

メッセージだけだと伝わらない「温度感」や「人柄」が伝わるのが電話の良いところです。

一度電話することで、「あぁ、こういう人なんだなぁ」というのがわかりますし、相手も自分により興味をもってくれるかもしれません。

また、「デートしてみたらまったく合わなかった」「思っていたのと全然違う」という状況が減るので、時間的にもお財布的にも無駄がなくなります。

デメリットと注意点

電話にはデメリットももちろんないわけではありません。

電話をするデメリットは以下のとおりです。

  • 会話スキル(コミュニケーションに支障がない程度)が必要
  • 言葉選びや語気に注意を払う必要がある

相手を確実に盛り上げるような高度なテクニックは必要ありませんが、最低限会話が途切れてしまわない程度の会話術は必要です。

これは慣れが大きいと思います。

また、メッセージだと気を付けていても会話だとついついいつもの言葉遣いが出てしまいます。

たとえば一人称をメッセージでは「僕」にしていたけど、話してみたら「俺」と言ってしまった、などはよくあります。

相手がまじめに恋人を探しているという前提で考えた場合、あまり砕け過ぎると誠実さに欠ける印象を与えてしまうので良くありません。

とくに盛り上がってくると普段の言葉遣いが出やすいので、相手が気を許してきたら逆に気を引き締めてください。

どのタイミングで電話すればいい?

電話のタイミング

メッセージが盛り上がったとき、デートが決まってから、デート日の直前などいろいろな意見がありますが、個人的にはLINE交換をしてから2.3日後(デートが決まっていない場合)がよいと思っています。

早めに電話してしまった方が無駄な労力が減らせるからです。

私は普段以下のような言い回しで電話に誘導しています。

「特段要件があるわけじゃないんだけど、今後メッセージをするにあたって軽く声を聞いておきたい。2.3分でいいから電話させてもらっていいかな?」

今のところある程度受け入れてもらえています。

理由もなく「電話したい」というのは相手も警戒しますから、「今後メッセージをするにあたって」となんとなく理由付けをすることで受け入れてもらいやすくなります。

さらに、「電話で話すのが苦手」という相手もいることを想定して、「特段要件があるわけじゃないんだけど」と会話のハードルを下げるという具合です。

 

ちなみに、先に恋活アプリ上のメッセージでデートの約束をして場合、電話はLINEに移行した直後でも構いません。

「いきなり会うのは緊張するから、会う前に一度話してみない?」などと伝えれば受け入れてもらいやすいでしょう。

電話でなにを話せばいい?

電話で話す内容

まず電話をかけたら、「はじめまして」などあいさつを簡単に済ませて、相手の声に対する感想を簡単に伝えます。

たとえば、

「結構落ち着いた感じの人だと思ってたんだけど、実際に声を聞いてみると明るい感じなんだね」

という具合です。

逆に「天真爛漫なイメージだったけど、落ち着いてて大人っぽいね」などでもOKです。

とにかくポジティブに相手の声や話し方を褒めます。これがツカミです。

 

それで軽く相手の心を掴んだら、「今何してたの?」などありきたりな質問をしましょう。

その後は、これまでのメッセージでしてきた話をなぞってもいいですし、相手の趣味で話を広げても盛り上がるでしょう。

なにかを伝えたり聞き出したりすることが目的ではないので、話の内容は何でもOKです。

電話からデートにそのままつなげたいのであれば、好きな食べ物を聞いたりしてから「いいお店しらない?」とオススメのご飯屋さんの話にスライドしてもいいでしょう。

電話を断られたらデートを取り付けにいく

電話を断られたら

「電話をしたい」と言っても断られてしまう場合があります。

考えられるのは大体以下のような理由です。

・もう少しメッセージしてからの方がいい
・電話が苦手

こういわれた場合、実はメッセージは続かずフェードアウトしてしまう可能性が高いです。

相手は「断ってしまってなんか申し訳ない」と思うことでストレスがたまるので、そのストレスから逃げ出そうとするのだと思います。

放っておいたところで発展しませんから、せめてワンチャンを狙い「じゃあ先に一回会ってみない?」と、デートの約束を取り付けにかかりましょう。

OKをもらえたらラッキー、断られたらその人との関係は終わりです。

 

まとめ

今回は恋活アプリでマッチングした女性と電話するメリットとデメリットをご紹介しました。

「会話するのが苦手」という人もいると思いますが、別に議論をするわけではありません。

相手に好きなことを話してもらって「へぇ!」「そうなんだ!」「すごいね!」「わかる!」など相槌を打っていくと良いと思いますよ。

打ち解けてくるとこちらも好きなことをしゃべりやすくなってきます。

ぜひ試してみてください。

 


本当に出会える恋活アプリだけを厳選しました!

「今使ってるアプリが全然出会えないんだけど…」
「とりあえずテキトーに登録したけど、本当にこのアプリでいいのか不安…」
「まだひとつも使ったことないんだけど何を基準に選べばいいの?」

なんて悩んでいませんか?

 

使うアプリによって出会える可能性は大きく変わります。

ダメなアプリでどれだけ頑張っても出会いにはつながりません。

当サイトでは、はじめての方や乗り換えを検討している方向けに、オススメの恋活アプリを3つだけ厳選しました!

 

ペアーズ

pairs3【運営】株式会社エウレカ
【会員数】累計800万人以上
【男女比】非公開
【料金】
[女性]完全無料
[男性]1,280円〜/月※
※会員登録からマッチングまでは無料で使えます。

【公式サイト】ペアーズ

【オススメポイント】

  • 会員数が多いので自分好みの相手が見つかりやすい
  • 交際・入籍者数15万人以上という圧倒的な実績
  • 機能がシンプルなので恋活アプリ初心者にも使いやすい
  • 会員数に対して価格が非常に安い(男性月額1,280円~:女性無料)

Omiai

恋をしよう【運営】株式会社ネットマーケティング
【会員数】累計300万人以上
【男女比】男6:女4
【料金】
[女性]無料
[男性]1,950円〜/月(12ヵ月分まとめ払いの場合)※
※会員登録からマッチングまでは無料で使えます。

【公式サイト】Omiai
スマホ版(オススメ)

【オススメポイント】

  • 少し年齢層高め(20代中盤~30代中盤)で、大人な落ち着いた雰囲気の会員が多い
  • 将来を見据えた恋愛ができる
  • 一部のユーザーに人気が集中しすぎない仕組みを採用している

with(ウィズ)

with(ウィズ)【運営】株式会社イグニス
【会員数】累計100万人以上
【男女比】男6:女4
【料金】
[女性]無料
[男性]1,800円〜/月※
※会員登録からマッチングまでは無料で使えます。

【公式サイト】with

【オススメポイント】

  • メンタリストDaiGo監修の相性診断で心理学的に相性のいい相手とマッチングできる
  • 恋活アプリの中でもトップクラスに安い(男性月額1,800円~:女性無料)
  • メッセージやプロフィール作りで心理学的なアドバイスがもらえる

ランキングの詳細はこちら!