パンシー

今回「データで恋するマッチングアプリ」というキャッチコピーの『パンシー』を使ってみました。

ここでは「パンシーってどんなアプリ?」「実際に使ってみてどう?」「評判は?」といった疑問にお答えできればと思います。

 

ちなみに結論から言ってしまうと、都内・都市部在住の方向けのアプリです。

地方では会員数の少なさが顕著なので、別のアプリを使った方がいいでしょう。

先走って有料会員登録しても、会員数が少なすぎてすぐにお相手候補がいなくなる可能性があります。

当サイトのオススメは以下の3つです。

ペアーズ

pairs3【運営】株式会社エウレカ
【会員数】累計会員数:700万人以上
【男女比】非公開
【料金】
[女性]完全無料
[男性]1,280円〜/月※
※会員登録からマッチングまでは無料で使えます。

【公式サイト】ペアーズ

【オススメポイント】

  • 会員数が多いので自分好みの相手が見つかりやすい
  • 機能がシンプルなので恋活アプリ初心者にも使いやすい
  • 会員数に対して価格が非常に安い(男性月額1,280円~:女性無料)

ペアーズの詳細はこちら

 


Omiai

恋をしよう【運営】株式会社ネットマーケティング
【会員数】累計会員数:300万人以上
【男女比】男6:女4
【料金】
[女性]無料
[男性]1,950円〜/月(12ヵ月分まとめ払いの場合)※
※会員登録からマッチングまでは無料で使えます。

【公式サイト】Omiai
スマホ版(オススメ)

【オススメポイント】

  • 少し年齢層高め(20代中盤~30代中盤)で、大人な落ち着いた雰囲気の会員が多い
  • 将来を見据えた恋愛ができる
  • 一部のユーザーに人気が集中しすぎない仕組みを採用している

Omiaiの詳細はこちら


with(ウィズ)

with(ウィズ)【運営】株式会社イグニス
【会員数】非公開
【男女比】男6:女4
【料金】
[女性]無料
[男性]1,800円〜/月※
※会員登録からマッチングまでは無料で使えます。

【公式サイト】with

【オススメポイント】

  • メンタリストDaiGo監修の相性診断で心理学的に相性のいい相手とマッチングできる
  • 恋活アプリの中でもトップクラスに安い(男性月額1,800円~:女性無料)
  • メッセージやプロフィール作りで心理学的なアドバイスがもらえる

withの詳細はこちら


パンシーとは?

パンシー

アプリ名 パンシー
運営会社 株式会社クト
会員数 非公開
リリース 2017年9月
公式サイト https://pancy.jp/

パンシーはmixiのグループ企業である「株式会社クト」が運営する恋活アプリです。

2017年9月リリースということで、まだこの記事を書いている段階ではリリースから1年も経過していません。

広告には力を入れているようで、人気YouTuberのPR動画が何本か出ています。

ぷろたんのPR動画

ラファエルのPR動画

パンシーの特徴

パンシーの最大の特長は、1000万人のデータを基に作られた価値観診断です。

パンシー 価値観診断

上記のとおり、心理テストのような問題が全30問用意されており、回答は以下5項目のチャートに反映されます。

・共感度
・責任感
・合理性
・自由度
・協調性

パンシー 価値観診断 チャート

上記は管理人の診断結果ですが、自由度が振り切れていますね。

30歳にもなって自由度が高いってなんか恥ずかしい…。

パンシーは、診断結果で相性がいい人しかお相手候補に表示されない仕組みになっています。

パンシーの使い方

大まかな流れ

パンシー 流れ

ざっくりとした使い方は上の画像のとおりです。

「価値観診断」→「気になる人にいいね」→「マッチング」という流れで、マッチングした相手とはメッセージができるようになります。

マッチングのシステム

パンシー マッチングの仕組み

※画像はフリー素材に貼り換えています

パンシーはタップル誕生・tinderなどと同じ「カジュアルマッチング」というタイプに属する恋活アプリです。

相手に求める条件を設定すると条件に合う異性が1人ずつ表示され、それを「いいね」「スキップ」のどちらかに振り分けます。

一度スワイプした相手は、再度表示されることはありません。

いいね・スキップはどちらを選択しても「カード」が消費される仕組みです。

相手からもらったいいねは「お相手から」というタブで確認することができます。

パンシーの料金・無料会員と有料会員の違い

女性

パンシーは女性完全無料です。

無料ですべての機能が使えます。

カードの枚数には制限がありますが、女性完全無料のアプリは他にもたくさんあるので、別のアプリと併用すれば課金の必要もないでしょう。

男性

無料会員と有料会員の違い

男性は無料会員と有料会員があります。

無料会員と有料会員の違いは以下のとおりです。

無料会員 有料会員
相手のプロフィールの確認
いいね送信
足あと確認
(15人まで)

(無制限)
メッセージ ×

無料会員にはメッセージ機能がついていません。

これは他の恋活アプリにも言えることですが、月額制の恋活アプリは基本的に有料会員にならないとメッセージができない仕組みになっています。

無料会員でいいねを送る

マッチング

有料会員登録

メッセージ

デート

 

という流れです。

 

特徴的なのは無料会員が閲覧できる足あとの数です。足あととは、自分のプロフィールを見に来た人を確認できる機能です。

他のアプリは無料登録だと5人までしか見られないものが多いのですが、パンシーは無料登録でも15人まで見られるという良心的な設計になっています。

有料会員の料金

男性の料金は以下のとおりです。

月額料金(税込み) 合計料金(税込み) カードプレゼント枚数
 1ヵ月プラン  3,900円/月 3,900円  なし
 3ヶ月プラン  3,300円/月 9,900円  300枚
 6ヶ月プラン  2,900円/月 17,400円  500 枚
 12ヶ月プラン  2,317円/月 27,800円  1,000枚

長期間の契約ほど月額料金が安くなりますが、全体的に他のアプリに比べてやや高めです。

いいね数が増える、ログインボーナスなどに特典がない代わりに、課金した時点でプランに応じた枚数のカードがもらえます。

※パンシーはクレジット払いに対応していないようです。GOOGLE PLAY決済とAPPLE ID決済のみ有効です。

例として、同じく診断コンテンツが人気のアプリ「WITH」の料金と比べてみましょう。

パンシー with 差(月間)
1ヵ月プラン  3,900円/月 3400円/月 500円
3ヵ月プラン  3,300円/月 2600円/月 700円
6ヵ月プラン  2,900円/月 2300円/月 600円
12ヵ月プラン  2,317円/月 1800円/月 517円

3ヵ月プランの場合の料金差が最大で、月間700円パンシーが高いということになりました。

有料会員登録は対象の期間分の一括払いとなりますから、3カ月プランだと2,100円、6か月プランだと3,600円パンシーの方が高いということになります。

カードの料金(男女共通)

パンシー カード 料金

パンシーはいいね・スキップを振り分けるためのカードを購入できます。

料金は以下のとおりです。

枚数 料金
10枚 120円
50枚 480
100枚 840
300枚 2,220
500枚 3,000
1,000枚 5,000
2,500枚 10,400

カードがなくなった場合は便利ですが、おそらく序盤でカード枚数に困ることはないと思います。

パンシー カードもらえる枚数

上の画像のとおりプロフィールを記入すれば結構な枚数のカードがもらえますし、1時間で30いいねすると50枚カードプレゼント、というイベントもあります(このイベント時はカード消費されません)。

パンシーは友達にバレない?

パンシーはペアーズ・Omiaiなどと同じfacebook恋活アプリです。

facebookアカウントと連携することで、お相手候補にfacebook上の友達が表示されなくなりますから、比較的バレにくい恋活アプリと言えます。

ちなみにfacebookアカウントを持っていない人も、電話番号で登録できます。

 

※この場合facebook連携ができないため当然バレやすくなります。

パンシーの良い点悪い点

基本情報が長くなってしまいましたが、ここから管理人が実際に使ってみた感想をお伝えします。

パンシーの良い点

診断の精度は比較的高そう

パンシーの最大の特長である「価値観診断」は、1000万人の診断結果データを基にしているそうです。

ペアーズなどでも「○%」という相性は表示されますが、それよりも信憑性は高いと思われます。

ちなみに、相手の診断結果も見ることができ、以下の画像のように自分の結果と照らし合わせて表示してくれます。

パンシー 相性

内面が重視されやすい

診断結果の信憑性が高いこともあって、他の恋活アプリよりも内面が重視されやすそうです。

テキトーな診断とは違うので、相性のパーセンテージが高い相手は気になりやすくなります。

サクラの心配はなさそう

パンシーはmixiグループの企業が運営しています。

基本的に大手企業が運営にかかわっている恋活アプリは安全性が高い傾向があるので、パンシーもサクラの心配はなさそうです。

mixiグループの恋活アプリ事業というと「youbride」「poiboy」「swish」などをリリースしている「株式会社Diverse」がよく知られています。

DiverseはMSPJという婚活サービスの共同体にも参加していますが、パンシーの運営元である株式会社クトは参加していない模様。

問題ないかと思いますが若干の不安要素ではあります。

パンシーの悪い点

とにかく会員数が少ない

私は地方在住ですが、致命的に会員数が少ないです。

おそらくまだリリースされて間もないことが原因でしょう。

表示された相手をサクサクタップしていたところ、マッチング前に人が枯渇しました。

パンシー 相手がいなくなる

上記で紹介した「30いいねでカードが50枚もらえる」というイベントが開始して、たった1分46秒後の出来事…。

全然いいねできませんでした。

「条件を厳しくし過ぎたんじゃない?」と思われるかもしれませんので、私が設定した条件を書いておきます。

  • 年齢:18歳~30歳
  • 身長:140cm~170cm
  • 体型:スリム・やや細め・普通・グラマー・筋肉質
  • 地域:自分の住んでいる地域(県内のみ)
  • サブ写真:必須
  • 自己紹介文:必須

そこまで厳しい条件ではないと思います。

試しに同じ条件をペアーズにかけてみたら987人ヒットしました。

 

その後サブ写真や自己紹介の設定を変更してもカードは使いきれず。

これはさすがに会員が少な過ぎると思います。

一度スワイプしてしまった相手は表示されないというのも、現状の会員数では残念な仕様です。

 

価値観診断とスワイプ式のミスマッチ

パンシーの「価値観診断でマッチング」という機能はとても魅力的です。

問題数も多く信憑性がありそうだなと感じました。

ただ、「スワイプ式」とどうもミスマッチしているような気がしました。

 

価値観診断でのマッチングは、真面目な恋愛相手を探している人にウケるものだと思います。

かたやスワイプ式(カジュアルマッチング)の恋活アプリは、遊び相手を探している人が多いという印象があります。

 

ペアーズのような検索型マッチングなら、「相性のいい相手に絞ってプロフィールで吟味して」という相手探しができますが、パンシーは「相手を探す」ということがそもそもできない仕様なので、正直なところ「価値観診断の意味あるのかな?」と思ってしまいました。

これなら「診断コンテンツがいくつも用意されている」といったwithのような仕様の方が楽しめるし、アクティブ率も上がるのではないかと感じます。

診断のやり直しがきかない

価値観診断は登録前に一度やったきり、やり直しが利きません

生年月日のような「変更できないプロフィール」として扱われます。

回答の押し間違いがあったとしてもこれは同様です。

「流石に厳しすぎるのでは?」と思いました。

相性が悪い異性は一切表示されない。

パンシーは相性が60%前後以上の異性しかお相手候補として表示されません。

私が使った中で最も相性が低かったのは59%でした。

おそらく60%前後をボーダーラインにしているようです。

「成功率が低くても自分好みの人にアプローチしたい!」という人には向いていないアプリだと思いました。

 

また、この仕組みでお相手候補が削られているのも、会員が少なく感じる原因のひとつではないかと感じました。

 

「自由度」が高い層に勧誘系の人が多そう

私の診断結果は「自由度」がぶち抜けていたのですが、相性がいい相手として表示された人の中に、「これネットワークビジネスの勧誘の人じゃね?」という人がボチボチ見受けられました。(プロフィールがビジネス推し・今を楽しんでる推し)

他の診断結果の方にどういったお相手候補が表示されているかはわかりませんが、自由度が高かった人は少し注意するといいかもしれません。

パンシーの口コミ・評判

パンシーを使っている人たちはどう感じているのか、口コミを調べてみました。

https://twitter.com/8roselapin8/status/1012295980203458560

実際に出会えている人もいるようですね。

 

https://twitter.com/gin_only_coc/status/1013833461973438464

パンシーの公式twitterアカウントがトレンド(大迫半端ないって)に乗った直後のアンサーツイート。この方が実際にパンシーを使っているかどうかはわかりませんがおもしろかったです。

 

吹いたw

やはり他の人も「パンシーは会員数が少ない」と感じているようですね。

すいませんオジサンで…

 

まとめ

結論、特に地方の人は現状はまだ有料会員登録しないほうがよさそうです。

ただ、せっかくなので無料登録だけしておく、というのはアリだと思いますよ。

価値観診断は魅力的なので、一定の需要はあるアプリだと思います。

今後会員数がドカンと伸びた場合、先に無料登録してカードをストックしておけば、「ライバルが少なくお相手候補が多い」という有利な状況の中で、より多くの異性にいいねを送れます。

とりあえずは今後に期待ですね。

 

恋活アプリで有料登録をするなら以下の3つがオススメです。

どれも会員数が多く、相手を吟味できる検索型マッチングの恋活アプリです。

ぜひチェックしてみてください!

ペアーズ

pairs3【運営】株式会社エウレカ
【会員数】累計会員数:700万人以上
【男女比】非公開
【料金】
[女性]完全無料
[男性]1,280円〜/月※
※会員登録からマッチングまでは無料で使えます。

【公式サイト】ペアーズ

【オススメポイント】

  • 会員数が多いので自分好みの相手が見つかりやすい
  • 機能がシンプルなので恋活アプリ初心者にも使いやすい
  • 会員数に対して価格が非常に安い(男性月額1,280円~:女性無料)

ペアーズの詳細はこちら

 


Omiai

恋をしよう【運営】株式会社ネットマーケティング
【会員数】累計会員数:300万人以上
【男女比】男6:女4
【料金】
[女性]無料
[男性]1,950円〜/月(12ヵ月分まとめ払いの場合)※
※会員登録からマッチングまでは無料で使えます。

【公式サイト】Omiai
スマホ版(オススメ)

【オススメポイント】

  • 少し年齢層高め(20代中盤~30代中盤)で、大人な落ち着いた雰囲気の会員が多い
  • 将来を見据えた恋愛ができる
  • 一部のユーザーに人気が集中しすぎない仕組みを採用している

Omiaiの詳細はこちら


with(ウィズ)

with(ウィズ)【運営】株式会社イグニス
【会員数】非公開
【男女比】男6:女4
【料金】
[女性]無料
[男性]1,800円〜/月※
※会員登録からマッチングまでは無料で使えます。

【公式サイト】with

【オススメポイント】

  • メンタリストDaiGo監修の相性診断で心理学的に相性のいい相手とマッチングできる
  • 恋活アプリの中でもトップクラスに安い(男性月額1,800円~:女性無料)
  • メッセージやプロフィール作りで心理学的なアドバイスがもらえる

withの詳細はこちら