恋活アプリ 結婚

「恋活アプリで結婚した人って本当にいるの?」

「恋活アプリを使っている人なんて、変な人とか非モテばっかりでしょ?」

こんな風に思っている方も多いと思います。

ここでは、恋活アプリで結婚することは本当に可能なのか、まともな人は登録しているのかをデータや口コミをもとに解説し、併せて恋活アプリで結婚相手を見つけるための心構えを説明します。

ぜひ参考にしてください。

恋活アプリで結婚は可能なの?

まず、「恋活アプリを使って結婚した人っているの?」という疑問にお答えします。

結論から言えば、恋活アプリで出会ったカップルが結婚したケースは非常に多いです。

恋活アプリ利用経験者の7.7%が結婚

市場調査メディア「ホノテ」の調査によれば、恋活アプリ利用経験者の7.7%「アプリで出会った人と結婚した」と回答しています。

結婚した人の割合

画像出典:市場調査メディアホノテ

7.7%ということで「少ない」と思うかもしれませんが、以下のグラフのとおり別の統計では、「暇つぶし」「友達作り」「どのようなものか試した」という『結婚相手を探しているわけではない層』も多くいることが明らかになっているので、それを考えれば7.7%は非常に高い数値です。

恋活アプリの利用目的

画像出典:同上

たとえばペアーズを例にして考えてみると、累計700万人のユーザーの7.7%が結婚しているということですから、単純計算で46万2千人が結婚したということになります。

実際には業者や再登録などの数も含まれているのでこれよりは少なくなりますが、ざっくり半分と考えても23万人(11万5千組)です。

ペアーズだけでもこの数値ですが、その他の恋活アプリも合わせればさらに多くのカップルが生まれています。

「結婚出来た」という口コミも多数

実際に結婚している人がいることはデータ的にも明らかですが、Yahoo知恵袋などでは実際に恋活アプリを使って結婚した人の声を見ることができます。

いくつか見てみましょう。

私は夫とペアーズで知り合いましたよ☺︎

当時私は26歳夫は33歳で、付き合った直後に夫の転勤で電車で4時間の中距離恋愛になりました 笑

初めて会った日から1年目の記念に入籍をして、幸せに暮らしています❤︎

出典:Yahoo知恵袋

 

ペアーズで結婚しましたよ!

~中略~

交際10ヶ月間半で入籍しました
勢いですね!
現在、子供も産まれ結婚3年目です

出典:Yahoo知恵袋

 

 

33歳女性です。
マッチングサイトで出会った人と、来月入籍予定です。

~中略~

彼と出会ったのはpairsですが、平行してやっていたMatchbookでも結構いい感じになった人がいました。
マッチングサイト、侮れないなーと思いました(;´▽`A“

出典:Yahoo知恵袋

 

 

私はペアーズで知り合った人と結婚しました。
結婚してから1年半になります。

~中略~

この人と会えて良かったなと思います。
確かに、軽い気持ちでしてる方も多いと思いますが、真剣な方もいるので、頑張って下さい(^^)

出典:Yahoo知恵袋

 

恋活アプリは離婚率が低い

実は恋活アプリで知り合い結婚したカップルは、リアルで知り合ったカップルより幸せになれる可能性が高いということも分かっています。

アメリカの調査で、「ネットで知りあって結婚に至ったカップルは離婚率が低い」というデータが出たためです。

参照:「ネットで知り合って結婚」は全体の1/3、離婚も少ない:米調査|WIRED

おそらく、相手の趣味・嗜好・年収など、結婚後に重要視するポイントをあらかじめ把握しておけるためだと考えられます。

ちなみに上記は恋活アプリに特化したアンケートではないものの、調査対象の45%は恋活アプリを利用していたようです。

恋活アプリにまともな人はいるの?

幸せな結婚をしている人も多い一方で、

  • 病んでいる
  • ヤリ目
  • コミュ障
  • マナーが悪い

こういった「変な人」が多く、利用をやめてしまったという口コミもあります。

口コミを見て「恋活アプリに登録している人なんて、やっぱり変な人や非モテばかりなんでしょ?」と思うかもしれません。

 

「変な人」「悪質ユーザー」がいるのは事実です。

気軽に始めやすい分こういった人の比率が高い可能性もあります。

ただ、事故の可能性があってもみんな車に乗っているのと同じで、きちんとリスクを理解して使えばとても便利なツールになります。

 

恋活アプリには「変な人と会ってしまう」というリスクがある代わりに、

  • 時間がなくても相手を探せる
  • 他の婚活・恋活サービスに比べて安い
  • 多くの選択肢(相手)の中から自分に一番合った人を選べる

といったメリットがあります。

大切なのはメリットとリスクを天秤にかけて、自分が納得できるかどうかです。

 

上記で紹介した知恵袋の口コミでも「やはりヤリ目は多い」という声は多かったです。

しかしその一方で、結婚した人の多くは「しっかり探せば真面目な人が見つかる」とも言っていました。

 

ちなみに、さきほども紹介したホノテの調査では、恋活アプリで結婚相手や恋人ができるまでに会った人数の平均は6.1人だそうです。

相手を見つけるために会った人数

画像出典:同上

1人2人変なユーザーに当たった程度で「使えない!」と切ってしまうのではなく、せめて平均の6人くらいとは会ってみるのがよいと思います。

これから利用する人、一度失敗している人は、ぜひこの点をきっちり理解したうえで使い始めてください。

恋活アプリで結婚するための心構え

準備・心構え

優良アプリを使おう

恋活アプリには数多くの種類(タイトル)がありますが、システムが似通っているのでどれも同じに見えるかもしれません。

とくに女性は完全無料のアプリが多いので、テキトーに選んでしまっている方もいるのではないでしょうか?

 

しかし実際のところは、アプリによって会員数や年齢層、検索システム、管理体制などに大きな違いがあります。

ユーザーが少なければそもそも出会えませんし、管理体制が杜撰だと悪質ユーザーが野放しになります。

ダメなアプリでどれだけ頑張っても成果は見込めないので、大前提として優良アプリを使いましょう。

優良アプリの条件は以下のとおりです。

  • 男性有料
  • 会員数が多い
  • セキュリティ・審査が厳しい

検索型マッチングの恋活アプリがオススメ

恋活アプリには、大きく分けて「検索型マッチング」「カジュアルマッチング」「サードウェーブデーティング」という3つのタイプがありますが、結婚相手を探すのであれば断然検索型マッチングがオススメです。

それぞれの特徴は以下のとおりです。

検索型マッチング

【特徴】

登録しているユーザーの検索が可能で、大勢の中から気になる人を見つけ出しいいねを送るタイプの恋活アプリです。相手がいいねを返してくれればマッチングとなります。

【有名アプリ】

ペアーズ、Omiai、withなど

カジュアルマッチング

【特徴】

趣味や地域などの条件を選ぶとその条件にマッチする人が一人ずつ表示され、表示された人を「いいね(いいかも)」「いまいち(ごめんね)」に振り分けるタイプの恋活アプリです。お互いがお互いをいいねするとマッチングになります。

【有名アプリ】

タップル誕生、tinderなど

サードウェーブデーティング

【特徴】

デートすることを最優先にした恋活アプリです。デートプラン込みで相手にいいねを送りマッチングします。その後メッセージのやり取りは必要になりますが、メッセージ機能の中に日程調整機能などがついており、メッセージの手間をできるだけ省いた作りになっています。

【有名アプリ】

dineなど

今のところ、この中で条件を絞って相手を検索できるのは検索型マッチングだけです。

カジュアルマッチングとサードウェーブデーティングは、気軽に出会えるものの「しっかり相手を選ぶ」のには不向きで、結婚相手探しには向いていません。

また、会員数が多いことがプラスに働きにくいというデメリットもあります。

 

スペックも含めて納得できる相手を選び出したいなら、検索型マッチングの恋活アプリを選んでください。

検索型マッチングでなおかつ上記の優良アプリの条件に当てはまる恋活アプリは、以下の記事で紹介しています。

オススメ恋活アプリ3選

結婚を前提に付き合える人を探す

「恋人探し」「結婚相手探し」「とりあえずデートできる相手探し」など、ユーザーによって目的はいろいろです。

いいと思える人でも目的が食い違っていては結局結婚できません。

結婚を前提に恋活アプリを使うなら、結婚相手探しをしている人から選びましょう。

たとえばペアーズには、プロフィール項目に「結婚に対する意思」という項目があります。

この部分が「すぐにでもしたい」「2.3年のうちに」など、明確になっている人から選ぶという手があります。

業者は相手にしないこと

どんなに優良なアプリにも業者が潜伏しており、非常に魅力的なプロフィールで誘ってきます。

業者に騙されたり、騙されないまでもまじめにメッセージを返していたりすると、アプリに対する不信感が一気に高まり、婚活自体のモチベーションを保つことも難しくなります。

基本的に、ハイスペックな相手は業者の可能性を常に疑ったほうがいいです。

また、業者ではなくてもプロフィールを詐称をしている悪質ユーザーの可能性があります。

 

基本は疑わしいユーザーは敬遠するようにして、どうしてもやり取りをしたいのであれば、実際に会うまでは「業者かもしれない」「ヤリ目かもしれない」と疑うようにしましょう。

自分が魅力的に見えるプロフィールをつくる

より良い結婚相手をできるだけ早く見つけるなら、自分ができるだけ魅力的に見えるプロフィールを作りましょう。

もっとも大切なのはさわやかで清潔感のある写真、次いで人柄が分かる自己紹介文です。

また、プロフィール項目は基本的にすべて埋めるようにします。

写真の撮り方、自己紹介文の書き方の詳細は以下の記事で解説しています。

プロフィール写真の撮り方
自己紹介文の書き方

まとめ

今回は恋活アプリで本当に結婚できるのか、結婚するためにはどんなことに注意すればいいのかをまとめてみました。

偉そうに書いたものの、実際のところ管理人もまだ未婚です。

いい人にめぐりあえるように、地道に恋活アプリを使っていきましょう。

 


本当に出会える恋活アプリだけを厳選しました!

「今使ってるアプリが全然出会えないんだけど…」
「とりあえずテキトーに登録したけど、本当にこのアプリでいいのか不安…」
「まだひとつも使ったことないんだけど何を基準に選べばいいの?」

なんて悩んでいませんか?

 

使うアプリによって出会える可能性は大きく変わります。

ダメなアプリでどれだけ頑張っても出会いにはつながりません。

当サイトでは、はじめての方や乗り換えを検討している方向けに、オススメの恋活アプリを3つだけ厳選しました!

 

ペアーズ

pairs3【運営】株式会社エウレカ
【会員数】累計800万人以上
【男女比】非公開
【料金】
[女性]完全無料
[男性]1,280円〜/月※
※会員登録からマッチングまでは無料で使えます。

【公式サイト】ペアーズ

【オススメポイント】

  • 会員数が多いので自分好みの相手が見つかりやすい
  • 交際・入籍者数15万人以上という圧倒的な実績
  • 機能がシンプルなので恋活アプリ初心者にも使いやすい
  • 会員数に対して価格が非常に安い(男性月額1,280円~:女性無料)

Omiai

恋をしよう【運営】株式会社ネットマーケティング
【会員数】累計300万人以上
【男女比】男6:女4
【料金】
[女性]無料
[男性]1,950円〜/月(12ヵ月分まとめ払いの場合)※
※会員登録からマッチングまでは無料で使えます。

【公式サイト】Omiai
スマホ版(オススメ)

【オススメポイント】

  • 少し年齢層高め(20代中盤~30代中盤)で、大人な落ち着いた雰囲気の会員が多い
  • 将来を見据えた恋愛ができる
  • 一部のユーザーに人気が集中しすぎない仕組みを採用している

with(ウィズ)

with(ウィズ)【運営】株式会社イグニス
【会員数】累計100万人以上
【男女比】男6:女4
【料金】
[女性]無料
[男性]1,800円〜/月※
※会員登録からマッチングまでは無料で使えます。

【公式サイト】with

【オススメポイント】

  • メンタリストDaiGo監修の相性診断で心理学的に相性のいい相手とマッチングできる
  • 恋活アプリの中でもトップクラスに安い(男性月額1,800円~:女性無料)
  • メッセージやプロフィール作りで心理学的なアドバイスがもらえる

ランキングの詳細はこちら!