恋活アプリ 初デート

みなさんこんにちは!

今回は、

「恋活アプリでマッチングした相手と初デートすることになった!でもどうすればいいのか全然わからない!」

という人のために、初デートに必要な全知識をまとめてみました。

ぜひ参考にしてください!

恋活アプリからの初デートは「2回目につなげる」が目標

初デート 目的

まず、もっとも理解しておかなければいけないのは、初デートの目的は「2回目につなげること」だということです。

恋活アプリでマッチングした相手とのデートは、初回だけでその後につながらないケースが多々あります。

これは、初デートが「プレデート」的な役割を果たしているためです。

リアルで出会った相手との初デートは、すでにお互いがあったことがある状態ですが、恋活アプリで知り合った相手とのデートはデート自体が初対面になります。

そのため「とりあえず会ってみる」という意味合いが強く、そこで「合わない人」と思われてしまえばそこで終わってしまうのです。

なので、初デートは、相手に「もう一度会いたい」と思わせることに徹します。

では具体的にどんな人が「もう一度会いたい」と思われるかというと、以下のような人です。

最低限クリアしていなければならない
「危険のない人」
「礼儀とマナーがあるひと」+αで相手に抱かせたい
「おもしろい人」
「いっしょにいて居心地のいいひと」

「おもしろいひと」に関してはセンスも必要になるので、できる限り「いっしょにいて居心地のいい人」と思ってもらえるようにデートプランをくみ上げます。

デート前の準備

デート 事前準備

相手の情報のおさらい

相手のプロフィール、これまで恋活アプリ上でやり取りしたメッセージやLINEを見直して、相手の情報を頭に入れます。

相手から、以前のメッセージ内容に紐づく話が出てくるケースが多々あるためです。

複数の女性と並行してメッセージをしている人はとくに徹底してください。

店の予約

メッセージですでに行くお店を決めている場合は、事前に予約しておきましょう。

あまり騒がしいと話しにくいので、少しピークからずらした時間で予約するのがおすすめです。

下調べ・事前シミュレーション

デートプランの流れは決めておき、一度下見しておきます。

行ったことがないお店だと、「思っていたより歩かなければいけない」といった事態になりがちです。

不備なくデートを終えられるかシミュレートしながら確認してください。

電話

すでにLINEでやり取りをしているのであれば、会う前に一度電話をしておくのがおすすめです。

先に電話で話しておくと、初めて会う時の緊張が和らぎますし、相手の雰囲気(声のトーンやしゃべり方)も事前につかむことができます。

話のネタを考えておく

恋活アプリの相手のプロフィール、これまでのメッセージの内容から、相手が興味を示してくれそうな話のネタを考えておきましょう。

こちらがガッツリ知識を蓄えておくというより、質問でのパターンを用意しておくという感じです。

たとえば、美術館巡りが趣味の女性なら、「好きな美術館はある?」「美術館によって何が違う?」「おもしろいテーマの美術館はあった?」など、美術館だけでもいろいろな質問ができます。

こうしておくことで、当日話すことがなくなってしまう心配がなくなります。

当日の服装を決めておく

「あれを着ていこうと思ったのに見つからない」「イメージしていたコーディネートが意外にダサい」というのは結構あることです。

そうならないために当日着る服は事前に決めておきます。

服装を選ぶ際には、「恋活アプリ上のプロフィール写真のイメージに近づける」ことを意識してください。

相手の女性はプロフィール写真でしかあなたのことを知らないので、当日あまりにイメージと違うファッションで登場するとビックリしてしまいます。

スムーズにお互いを理解するためにも、ある程度プロフィール写真に寄せた服装を選んでください。

また、清潔感は大事です。ヨレヨレのシャツやびりびりのジーンズをはいていかないようにしましょう。

清潔感を出す方法については以下の記事が参考になると思います。
男が清潔感を出す方法!48項目のチェックリスト付き

デートプランを決める際の注意点

デートプラン

次にデートプランを決めるときのポイントを見ていきます。

ディナーではなくランチにする

初デートでディナーだと、そもそも相手が警戒してOKしてくれない場合もあります。

相手の警戒心を解くためにも、初デートはランチ、できれば人通りが多いところのお店をチョイスするのがいいでしょう。

お互いの自宅から離れているところがよい

どちらかの家の近くでデートをするのは女性を警戒させるもとです。

区外、市外など、どちらの家からも少し離れたところを指定すると相手に安心してもらえます。

ランチ+デートスポット1つ

詳しくは後述しますが、初デートは早めに切り上げたほうがいいので、ランチ+ほかのデートスポット1つくらいの簡単なコースを作ります。

ランチは自分か相手のどちらかのおすすめのお店、デートスポットは相手の趣味に合わせた場所を選択するのがいいでしょう。

おいしいものを食べながら話すと相手と親密になりやすいので、順序はランチを先にするのがおすすめです。

【ランチョンテクニック】食事を一緒に食べると打ち解けやすくなる

デートスポットは、映画が好きなら映画館、絵画が好きなら美術館、体を動かすのが好きならハイキングコースなどがいいと思います。

ただ、こちらで勝手に決めるよりも、事前にメッセージで相手の承諾をとったほうが間違いがありません。

初デートの時間は短めに

初デートは2時間~3時間と短めで切り上げるのがおすすめです。

冒頭で説明した通り、初デートの目的は「2回目のデートにつなげる」ことです。

相手が「もうちょっと話したかったなぁ」と思う程度の短い時間で切り上げれば、次につながる可能性がアップします。

1時間では短すぎて楽しむ段階まで届きませんし、4時間では長すぎて若干飽きが出てきてしまう可能性があります。

あまり遠出すると移動時間が長くなってしまうので、比較的近場のスポットでまとめるのがよいでしょう。

デート直前~デート中に気を付けたいこと

 

初デート 注意点

体臭や口臭

最低限のエチケットとして、体臭や口臭対策はしておきましょう。

シャワーを浴びてから出かける、口臭スプレーをしておくなどでOKです。

基本的にはずっと笑顔で

人の印象は出会って数秒で決まると言われています。

そのため、初めて顔を合わせるときは必ず笑顔であいさつするようにしましょう。

初対面の印象がよければその後のデートが楽しくなりやすいです。

また、デート中は基本的にずっとほほ笑んだ状態を維持します。

目を大きめに開いて口を結び少し口角を上げると、穏やかな印象を抱かれやすいです。

相手の仕草や言葉遣いを真似する

食事のときに相手のことをよく観察し、相手の細かな仕草や言葉遣い、しゃべり方、しゃべるテンポなどを真似るようにしましょう。

ミラーリング効果といって、人は自分と似た動きや言葉遣いをする人に好意を抱きやすくなります。

無理に話そうとしない

事前に話のネタを仕込んで当日に臨むわけですが、考えてきた話のネタがすべて尽きてしまった場合、「何かしゃべろう」と焦るのは逆効果です。

焦りが見えると、「居心地が悪い人」だと思われてしまう可能性があります。

そんなときは無理をせず、逆に「緊張して全然話が思い浮かばないです」と笑って打ち明けるくらいの方が好印象になります。

初デート中に次のデートの約束を取り付ける

できれば初デート中に次のデートの約束を目指します。

「次はこんなところに行きましょう」という簡単な口約束程度でOKです。

たとえば初デートが女性のおすすめの店でランチをしたなら、「今度は僕のおすすめのお店を紹介させてください」というのは結構使えます。

デート費用はすべて男性が出す

基本的にデートの費用はすべて男性が出します。

女性はマナーとして財布を出しますが、出させないようにしてください。

ちょいちょい本気で一部払ってくれようとする女性もいますが、そういったときは「じゃあ次に食事に行くときはおごってもらうよ」というと大体引き下がってくれます。

それでも払おうとしてくれるなら好意に甘えてください。

「俺が出すよ」「いいよ」「出すって」「いいから」と揉めるのが一番よくないです。

盛り上がっても絶対にプラン通りで終わる

デートがものすごく盛り上がった場合「もうちょっと遊びたいなぁ」となることがあります。
ただ、こういう時こそプラン通りで切り上げてください。

理由は上記の通り、「もうちょっといっしょにいたかった」というときに切り上げたほうが次につながりやすいからです。

ピークエンドの法則から考えると、ピーク時にデートを切り上げれば、相手に「この人とのデートはとても楽しかった」と印象付けることもできます。

デート後にはお礼メッセージを送ろう

デート後 メッセージ

デートが終わった後は、かならず「今日は楽しかったです。ありがとう。また遊びに行きましょう」という旨のメッセージを送ります。

タイミングは、女性の帰宅途中がベストです。

家についてしまうとデートのことが過去として切り離されてしまいやすいので、その前にメッセージを送って自分の存在を相手の中に定着させます。

ちなみに、先に女性からこのメッセージが送られてきたらかなり好感触だったと考えて良いでしょう。

まとめ

今回は恋活アプリでマッチングした相手との初デートについてまとめてみました。

あくまで初デートの目的は次のデートにつなげることです。

相手にいい印象を与えてられるよう、事前準備と当日のふるまいを意識してみてください。

 


本当に出会える恋活アプリだけを厳選しました!

「今使ってるアプリが全然出会えないんだけど…」
「とりあえずテキトーに登録したけど、本当にこのアプリでいいのか不安…」
「まだひとつも使ったことないんだけど何を基準に選べばいいの?」

なんて悩んでいませんか?

 

使うアプリによって出会える可能性は大きく変わります。

ダメなアプリでどれだけ頑張っても出会いにはつながりません。

当サイトでは、はじめての方や乗り換えを検討している方向けに、オススメの恋活アプリを3つだけ厳選しました!

 

ペアーズ

pairs3【運営】株式会社エウレカ
【会員数】累計800万人以上
【男女比】非公開
【料金】
[女性]完全無料
[男性]1,280円〜/月※
※会員登録からマッチングまでは無料で使えます。

【公式サイト】ペアーズ

【オススメポイント】

  • 会員数が多いので自分好みの相手が見つかりやすい
  • 交際・入籍者数15万人以上という圧倒的な実績
  • 機能がシンプルなので恋活アプリ初心者にも使いやすい
  • 会員数に対して価格が非常に安い(男性月額1,280円~:女性無料)

Omiai

恋をしよう【運営】株式会社ネットマーケティング
【会員数】累計300万人以上
【男女比】男6:女4
【料金】
[女性]無料
[男性]1,950円〜/月(12ヵ月分まとめ払いの場合)※
※会員登録からマッチングまでは無料で使えます。

【公式サイト】Omiai
スマホ版(オススメ)

【オススメポイント】

  • 少し年齢層高め(20代中盤~30代中盤)で、大人な落ち着いた雰囲気の会員が多い
  • 将来を見据えた恋愛ができる
  • 一部のユーザーに人気が集中しすぎない仕組みを採用している

with(ウィズ)

with(ウィズ)【運営】株式会社イグニス
【会員数】累計100万人以上
【男女比】男6:女4
【料金】
[女性]無料
[男性]1,800円〜/月※
※会員登録からマッチングまでは無料で使えます。

【公式サイト】with

【オススメポイント】

  • メンタリストDaiGo監修の相性診断で心理学的に相性のいい相手とマッチングできる
  • 恋活アプリの中でもトップクラスに安い(男性月額1,800円~:女性無料)
  • メッセージやプロフィール作りで心理学的なアドバイスがもらえる

ランキングの詳細はこちら!